CSR

マネジメント

コーポレートガバナンス(企業統治)

マツダは、東京証券取引所が定めるコーポレートガバナンス・コードの趣旨を尊重し、株主をはじめお客さま、取引先、地域社会、従業員などのステークホルダーと良好な関係を構築しつつ、透明・公正かつ迅速・果断な意思決定を行うことにより、マツダの持続的成長および中長期的な企業価値の向上を目指し、コーポレートガバナンスの充実に継続的に取り組んでいます。

内部統制

マツダでは、従業員の行動指針を示す「マツダ企業倫理行動規範」や財務統制のガイドラインなどを定め、各部門が規程・要領・手順書などを整備しています。グループ会社との連携を通して、マツダグループ全体で最適な内部統制の構築を推進しています。

リスクマネジメント

基本ポリシーや関係する社内規程に従って、社内外のさまざまなリスクの把握と低減活動を継続し、事業の継続と安定的な発展の確保に努めています。災害・緊急事態への対応、情報セキュリティの確保、個人情報や知的財産の保護などさまざまなリスクを想定し、適切に管理しています。

コンプライアンス

コンプライアンスを単なる法令順守にとどまらず、社内の規則や社会の期待・要請などにもかなったものと位置づけ、「マツダ企業倫理行動規範」にのっとって、誠実で公正な事業活動への取り組みを進めています。

詳細を見る