CSR

環境中期計画「マツダグリーンプラン2020」

環境中期計画「マツダグリーンプラン2020」に基づき2020年を見据えた環境の取り組みを進めています。

環境中期計画「マツダグリーンプラン2020」目標および具体的な実施事項

「マツダグリーンプラン2020」の考え方

「取り組み理念と方針」に基づき、「マツダが考えるクルマを取り巻く将来の社会シナリオ」を念頭において以下の3つの視点から計画を策定しています。

「マツダグリーンプラン2020」の考え方

環境保全への取り組み理念と方針

I.将来解決すべきテーマ

自動車メーカーがお客さまや社会から期待されているテーマを次のようにとらえています。

  1. 1.エネルギー/地球温暖化対策
    クルマのライフサイクル全体でのCO2削減に貢献する取り組みを推進
  2. 2.資源循環の推進
    クルマからの排出物、クルマの製造・輸送・廃棄の過程の排出物を削減すると同時に、リサイクルを積極的に進めることで総合的に資源循環を推進
  3. 3.クリーンエミッション
    クルマからの排出物およびクルマの生産工程において排出されるさまざまな物質(CO2以外)の中で、特に環境負荷の高い物質についての削減を推進
  4. 4.環境マネジメント
    グループ全体やサプライチェーン全体で環境マネジメントを推進

II.マツダの取り組み(2つの領域)

  1. a.クルマおよびクルマの技術
    商品・技術を通じて環境負荷低減に貢献
  2. b.生産・物流・オフィス・社会貢献など
    商品・技術以外の全ての活動を通じて環境負荷低減に貢献

III.クルマのライフサイクル全体で考える

クルマのCO2の排出量は、お客さまの使用から廃棄までの過程が約75%と非常に高いため、ライフサイクル全体で環境負荷低減を考えます。

  • ■ 製造・物流領域(素材の製造、車両の製造)で約25%
  • ■ 使用および廃棄領域(使用、メンテナンス、廃棄・リサイクル)で約75%

マツダが考えるクルマを取り巻く将来の社会シナリオ

2050年頃:「低炭素社会」、「循環型社会」、「自然との共生社会」を目指す「持続可能な社会」

国連気候変動枠組み条約第21回締約国会議(COP21)にて、産業革命前と比べて将来の平均気温上昇を2℃未満に保つという目標に加え、1.5℃に抑えるよう努力するという「パリ協定」が採択されました。世界は、エネルギーにおいて「低炭素化社会」の実現に向けて「脱炭素」の動きが加速していく状況にあります。
この動きは、限りある資源を有効利用する「循環型社会」と、自然との調和を考えた「自然との共生社会」も両立させる社会であり、今後も人類が維持・発展していく「持続可能な社会」の実現へつながっています。具体的には、太陽光、風力、バイオマス燃料などの再生可能エネルギーや、CO2を排出しない水素の利用が進み、エネルギーは脱炭素に向かっている社会、資源効率性向上、3R(リデュース・リユース・リサイクル)の推進が進み、ライフサイクル全体にわたり資源が効率的かつ持続的に使われる社会、そして自然資本としての水源や生態系および森林などを未来にわたって利用可能とする社会です。
クルマへの要求は、現在も地球上の地域差、車両特性、燃料特性などさまざまな側面で多様化しており、将来も、多様化が進むと考えられます。
これに対応するには、複数の選択肢(マルチソリューション)を持つ必要があります。圧倒的な効率を実現した内燃機関、代替エネルギー(天然ガス、バイオマス燃料など)を使用するクルマ、CO2を排出しない電気や水素などをエネルギー源とする新しいクルマなども、用途に応じた形で存在していると考えます。将来に向かっては、自社のブランドや技術の方向性を考えながら、可能性のあるものに果敢にチャレンジしてゆくことが必要だと考えています。

2020年頃:低炭素技術が普及している「低炭素社会」

2020年頃は、化石燃料(石油など)をエネルギーの基本としながら、将来の「持続可能な社会」に向けて社会が積極的に動いている段階と考えます。エネルギーセキュリティーの観点から、各市場・地域の持つ特性に一致した多様な燃料群の効率的な活用技術進化が進むとともに、各種燃料・エネルギー(電気・ガスなど)・原材料・商品などの製造過程から消費者が使用する過程での低炭素技術導入がより一層推進されることで、さまざまな商品やサービスがライフサイクルでの環境負荷低減という視点で評価されるようになり、全体として環境負荷低減を目指す社会になると考えます。
クルマについては、エネルギー貯蓄効率の高さから、モビリティー用エネルギーの大半を占める液体燃料(石油、バイオマス燃料など)を使用するガソリンエンジンやディーゼルエンジンなどの高効率な内燃機関を基本に、電気デバイス技術(アイドリングストップ、減速エネルギー回生、ハイブリッド、プラグインハイブリッド)、トランスミッションの高効率化や軽量化などのクルマ全体での低燃費化が進むと考えます。
また、多様化した燃料に対応する燃焼技術やCO2排出の少ない天然ガスやバイオマス燃料を活用する技術革新が進むと考えられます。さらに、再生可能エネルギーによる発電など、低炭素エネルギーが供給可能な地域については、最適なモビリティーとして電気自動車などが導入されはじめます。加えて、都市の渋滞緩和などの統合的アプローチにより、社会全体における「低炭素社会」実現に向けての取り組みも推進されていると考えています。


LCA(ライフサイクルアセスメント)

マツダは、クルマの原料調達・製造・使用・リサイクル・廃棄までの各段階における環境影響を算出し評価する手法(LCA)を採用し、ライフサイクル全体で環境負荷低減に積極的に取り組んでいます。内燃機関を搭載した新型車のみならず、クリーンエネルギー車についても環境負荷低減効果を確認しています。
2011年度に行ったCX-5のLCAにおいて、第三者機関((一社)産業環境管理協会)のレビューにより、国際規格(ISO14040/ISO14044)に準拠していることが確認され、認証を得ました。
この手法に基づき、新型車においてLCAを実施し、客観的かつ高い信頼性のもと、ライフサイクル全体で見ても環境負荷の低い車であることを確認しています。
今後の新型車においても着実にLCAを実施し、環境負荷低減効果を確認します。

(一社)産業環境管理協会の証書

(一社)産業環境管理協会の証書

LCA評価車種

発売年度 車種
2009年度 プレマシー、RX-8ハイドロジェンRE
2010年度 デミオ、アクセラ
2011年度 CX-5※1
2012年度 アテンザ、デミオEV
2013年度 アクセラ
2014年度 デミオ、CX-3
2015年度 ロードスター

※1 第三者機関のレビューにより、国際規格(ISO14040/ISO14044)に準拠して認証を得た車種。

ロードスター(国内モデル)のLCA評価

新型ロードスター(国内モデル)のLCA評価

  • ※ 自動車の生涯走行距離11万㎞(13年)を、一定条件で走行した場合の結果です。
  • ※ 評価結果は指数で示しています。また、CO2はtonレベル、それ以外の項目はkgレベルで排出されるので、指数を別に示しています。CO2のグラフは従来型のCO2排出量を1として、それ以外の項目は従来型のSOxの排出量を1として、各物質の排出量を割合で示しています。

NOx : 窒素酸化物(Nitrogen Oxide)
NMHC : 非メタン炭化水素(Non Methane Hydrocarbon)
PM : 粒子状物質(Particulate Matter)
SOx : 硫黄酸化物(Sulfur Oxide)

2020年までの領域別考え方・目標

「マツダグリーンプラン2020」を実行するために、3つの委員会で以下の考え方・目標を定め、取り組みを推進しています。

商品・技術 : 商品環境委員会

マツダ車をご購入いただいた全てのお客さまに「走る歓び」と「優れた環境・安全性能」を提供する。

生産・物流・オフィス : 事業サイト環境委員会

国内のマツダグループ全体で、低CO2排出の生産技術の導入や日々のたゆまぬ改善活動により一層の業務効率化を図り、低炭素社会実現に貢献する。

社会貢献(環境領域): 社会貢献委員会

マツダの社会貢献活動の3つの柱「環境・安全」「人材育成」「地域貢献」およびグループ・グローバルの視点を踏まえ、自動車メーカーとしての本業を生かした情報開示・啓発と、地域社会と連携したボランティアを含む活動を重点的に行う。