CSR

環境ビジョン

マツダ地球環境憲章


マツダ地球環境憲章

環境理念

マツダグループは国内外全ての企業活動において、自然との調和を図りながら、
地球環境の保護と豊かな社会づくりに貢献します。

  • ■ 私たちは地球にやさしい技術と商品を創造し、社会に提供します。
  •  私たちは資源やエネルギーを大切にし、環境を配慮した事業活動を行います。
  •  私たちは社会や地域と共に、よりよい環境をめざした活動をします。
行動指針
  1. 1.環境を配慮した技術と商品の創造
    私たちは排出ガスの浄化・CO2の低減・クリーンエネルギー車の研究開発など、クリーン技術の創造に挑戦し続けます。
    私たちは企画・開発段階から生産・使用・廃棄に至るまで、一貫して環境との調和を配慮した商品づくりを推進します。
  2. 2.資源・エネルギーを大切にする事業活動
    私たちは限りある資源を大切にするため、省資源・リサイクル活動を積極的に推進します。
    私たちはエネルギーを多角的・効率的に活用するよう努めます。
    私たちは使用済み自動車の適正処理・リサイクルを推進します。
  3. 3.クリーンさを追求する事業活動
    私たちは環境に関する法規制の遵守に留まらず、よりクリーンな自主管理基準を設け、自己管理を徹底していきます。
    私たちはクリーンさを追求するため、新技術の開発やシステムの導入を推進します。
  4. 4.事業活動の仲間と共に、よりよい環境づくり
    私たちは環境教育の徹底や環境情報の提示により、地球環境に対する従業員啓発活動を積極的に推進します。
    私たちは互いの連携を密にし、よりよい環境づくりをめざします。
  5. 5.社会や地域と共に、よりよい環境づくり
    私たちは環境に関する社会の要請に積極的に耳を傾け、企業活動に反映させます。
    私たちは環境に関する技術・システム・情報などを公開し提供します。
    私たちは事業活動に留まらず、環境保全に寄与する社会的活動にも積極的に取り組みます。

(1992年制定、2005年4月改定)