CSR

生物多様性保全

生物多様性への取り組み

マツダは、自動車メーカーとして「日本経団連生物多様性宣言」の趣旨に賛同して地球環境の保全に取り組んでいます。2011年度にはマツダにおける生物多様性の取り組みを体系的に構築していくための「生物多様性に関する影響度評価」を実施し、マツダが事業活動などで受ける自然の恵みと生態系への影響の重要性を認識しました。これを受けて2012年12月に「マツダ生物多様性ガイドライン」を制定し、社会との連携した取り組みを展開しています。


生物多様性に関する影響度評価プロセス

ステップ1 : 
評価対象範囲の選択(海外子会社を想定するが、主に国内影響の大きいバリューチェーン含む)

ステップ2 :
生態系サービスに対する依存度・影響度の評価、生物多様性への脅威の評価

ステップ3 :
生物多様性に関するビジネスリスクとオポチュニティの特定

ステップ4 :
優 先課題の抽出と既存対応の現状評価

ステップ5 :
今後の対応の方向性の特定


上述の「影響度評価」の結果を踏まえ、生物多様性との直接的な関わりは少ないとの認識のもと、社会との連携や従業員をはじめとした幅広い啓発活動を行っています。本業においては「エネルギー」や水資源を含む「資源」を重点として生物多様性への影響は少なからずあると認識し、その軽減のため商品・技術およびその生産・物流工程で取り組みを進めています。
なお、2016年度は三次自動車試験場(広島県)における生態系調査をする予定です。


マツダ生物多様性ガイドライン

【基本的考え方】

「マツダ地球環境憲章」に基づき、マツダグループは自然の恵みと自然への影響の重要性を認識し、国内・海外の企業活動を通じた生物多様性保全への貢献に努め、人と自然が調和した豊かで持続可能な社会づくりとその発展を目指します。

【重点取り組み項目】

1. 環境に配慮した技術と商品の創造

排出ガスの浄化、CO2の低減、クリーンエネルギー車の研究開発、リサイクルの推進や生物多様性に資する技術の開発により、環境と企業活動の調和に配慮した技術と商品の創造を推進します。

2. 資源・エネルギーを大切にする企業活動

エネルギーの効率的な活用、省資源・リサイクル活動により環境負荷物質の低減と資源の有効活用を推進し、生物多様性の保全に貢献します。

3. 社会や地域との連携・協力

サプライチェーンおよび自治体、地域社会、NPO/NGO、教育・研究機関などの幅広いステークホルダーとの連携・協力に努め、地域に密着した活動を推進します。

4. 啓発と情報開示

人と自然との共生の意識向上に努め、積極的かつ自発的に行動するとともに、成果を広く社会に開示し共有します。

2012年12月制定


取り組み事例

環境に配慮した技術と商品の創造
資源・エネルギーを大切にする企業活動
社会や地域との連携・協力
啓発と情報開示
  • ■ マツダ財団を通じた活動※1
  • ■ 従業員に対する教育
  • ■ マツダサステナビリティレポートなどを通じた社内外への取り組み紹介

※1マツダサステナビリティレポート2016【社会貢献版】