CSR

環境マネジメント

グループ会社やサプライヤー、販売会社などを含むバリューチェーン全体のマネジメント体制構築に取り組んでいます。

環境マネジメントシステムの構築

グループ会社およびサプライチェーン全体で、環境に配慮した事業活動を効果的に行うために、ISO14001などの環境マネジメントシステム(EMS : Environmental Management System)の構築を推進しています。

進捗状況

  • ■マツダおよび国内・海外の製造系のグループ会社13社で認証取得
  • ■マツダでは、2015年度のISO14001改訂に合わせて、国内全ての拠点を対象としたISO14001の認証拡大を実施。認証の拡大およびISO14001:2015への移行審査は2016年9月に完了予定。
  • 国内の自動車販売会社で環境マネジメントシステム「エコアクション21(EA21)」※1の認証取得を推進中(2016年3月末時点でマツダ・マツダアンフィニ系販売会社36社、マツダオートザム系販売会社103社、マツダ中販(株)で取得)。
  • 国内マツダグループの自動車部品販売会社3社に対して、マツダ独自の環境マネジメントシステムの導入完了。

※1 中小企業者などの幅広い事業者に対して、環境省が策定した環境マネジメントシステム。

ISO14001の認証取得一覧

国内生産拠点・事業拠点

広島地区 本社工場

 

2000年6月

三次事業所
防府工場 西浦地区 1998年9月
中関地区(拡大) 1999年9月

海外生産拠点

オートアライアンス(タイランド)Co.,Ltd.※2 2000年5月
長安マツダ汽車有限公司※2 2008年12月
長安フォードマツダエンジン有限公司※2 2009年2月
マツダデメヒコビークルオペレーション※3 2014年12月
マツダパワートレインマニュファクチャリング(タイランド)Co.,Ltd.※3 2016年12月
取得予定

※2 持分法適用会社。
※3 連結子会社。

国内連結子会社(販売系を除く)4社

(株)マツダE&T※4 2000年6月
マツダエース(株)※4 2000年6月
マツダロジスティクス(株)※4 2000年6月
倉敷化工(株) 2001年12月

※4 広島地区として一部もしくは全部の認証を取得。

国内持分法適用会社4社

トーヨーエイテック(株)※5 2000年6月
(株)日本クライメイトシステムズ 2000年5月
ヨシワ工業(株) 2002年4月
MCMエネルギーサービス(株)※6 2008年6月

※5 広島地区として一部もしくは全部の認証を取得。
※6 広島地区および防府工場の認証範囲に含まれていたが、2013年3月に独自に認証取得。

「グリーン調達」の推進

サプライチェーン全体で環境保全に配慮した事業活動を継続的に推進することを目指して、「マツダグリーン調達ガイドライン」を制定し活動しています(2014年9月改訂)。
このガイドラインでは、世界中のサプライヤーを対象に、製品の開発から製造、納入に至る全ての段階での環境負荷低減活動を要請し、環境に配慮した取り組みを行っているサプライヤーから優先的に購入を進めていくことを明記しています。
また、マツダは部品や資材、生産用設備・要具のサプライヤーに、ISO14001認証の取得および登録維持や、企業活動で排出する温室効果ガス量の年率1%削減を要請するとともに、情報提供などによってサプライヤーと協働した環境活動を推進します。
現在、マツダ車の開発・生産に関わる主要なサプライヤーは全社ISO14001を取得しています。

サプライヤーの環境マネジメントシステム構築対応状況

  • ■ 新規サプライヤーを含め、継続的に取引がある国内外の主要サプライヤー約400社の登録維持100%を継続しています(2016年3月末現在)。
  • ■ マツダグリーン調達ガイドラインの中で、購買1次サプライヤーを通じて、2次以降のサプライヤーの環境マネジメントシステム構築を要請。

 

環境監査の実施状況

ISO14001やEA21などの環境マネジメントシステムが有効に機能していることを確認するために、広島地区、防府工場を含む国内および海外のグループ内の認証取得会社においては、内部監査と外部機関による審査をそれぞれ年1回実施しています。2015年度の外部審査では重大な指摘は0件でした。
内部監査や外部審査の結果は経営層へ報告し、迅速かつ適切な是正を行っています。

ISO14001外部審査の指摘件数

マツダ(株)

  2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度
重大な不適合 0 0 0 0 0
軽微な不適合 0 0 1 2 2
観察事項 5 10 18 8 16

グループ会社

  2015年度
国内 海外
ISO14001 重大な不適合 0 0
軽微な不適合 0 8
観察事項 36 35
EA21 不適合 0 -
観察事項 0 -

感覚公害の防止

感覚公害は、騒音・振動、臭気などにより人体に感覚的・心理的影響を与えるものです。
騒音や振動、臭気などについては、法規制値をクリアしていても周辺の住民に不快感を与えることがあります。そこでマツダでは、発生源の改善や防音・脱臭などの対策の強化を計画的に進めています。

環境リスクマネジメントの具体的な取り組み

環境モニタリング

  • ■ 各工場・事業所で、環境汚染や事故などを想定した訓練を定期的に実施
  • ■ 大気汚染、水質汚濁などの環境モニタリングを定期的に実施

 

環境モニタリング項目 モニタリング対象 モニタリング項目 モニタリング数
大気

ボイラ、溶解炉、加熱炉、乾燥炉 他

硫黄酸化物、窒素酸化物、ばいじん、揮発性有機化合物、塩化水素の5項目

約400/年
水質 廃水処理水

カドミウム、シアン、有機燐、鉛、六価クロムなどの43項目

約1,600/年
騒音・振動 敷地境界線 騒音レベルの1項目 12/年
臭気 敷地境界線 臭気指数の1項 12/年
廃棄物

鉱さい、汚泥、金属くず他

金属くず他、カドミウム、シアン、有機燐、鉛、六価クロムなどの25項目

約120/年

法令違反

2015年度は、官公庁から法令に基づく指導などは受けませんでした。

苦情

2015年度は、苦情を7件受けていますが、誠実にかつ適切に対応しています。

(2015年度)

  件数 対策
行政からの指導など 0件
苦情 臭気 6

遮音塀の設置、設備の停止等の対策を実施しました

1

排ガスの監視体制の強化を実施しました