CSR

株主・投資家への取り組み

株主・投資家との対話

マツダは、持続的な成長と中長期的な企業価値向上に向けて、株主・投資家の皆さまへの適時適切な情報開示と建設的な対話を行うためIR活動を推進しています。株主・投資家の皆さまとの対話の機会として、株主総会をはじめ、四半期ごとの決算説明会を開催し、経営状況や事業活動について説明しています。また、機関投資家、個人投資家、国内・海外の証券アナリストなどへの事業説明会を実施するなど対話機会の充実に努めています。
公式ウェブサイトでは、株主総会や決算発表のスケジュール、業績・財務データなどを開示しているほか、株主総会招集通知(事業報告)、株主通信、決算短信、決算説明会資料、有価証券報告書、アニュアルレポート、コーポレート・ガバナンス報告書などを掲載し、公平で透明性の高い情報開示に努めています。
財務情報の国際的な比較可能性の向上やグループ経営の品質向上、ガバナンス強化を目的として、IFRS(国際財務報告基準)を任意適用する予定です。具体的な適用時期については現在検討中です。

株式の所有者別状況

株式の所有者別状況

「個人・その他」には自己株式が含まれています。