社員紹介

MAZDA RECRUIT 2017

技術系

生産管理・物流

 

宍戸 ちふみ

CHIFUMI SHISHIDO

調達・物流計画部
国内調達計画・物流グループ

2009年入社
理工学部 応用化学科


 

画像:宍戸 ちふみ

マツダを選んだ理由

画像:宍戸 ちふみ

ブランドメッセージ「Zoom-Zoom」から感じた、
運転が楽しいクルマをつくって届けたいという思い。

 私がマツダを志望するようになったきっかけは、マツダのブランドメッセージ「Zoom-Zoom」にとても共感したからです。会社説明会で、Zoom-Zoomが「子どもの時に感じた動くことへの感動」を表していると知り、自分が子供の頃、家族が運転する車でドライブに出かけるときの高揚感を思い出しました。また、免許を取得してからは自分が運転をする楽しみに目覚めたこともあり、「運転していて楽しい車を作り、届けたい」という気持ちでマツダを志望しました。
 現在の仕事は、マツダが調達する部品について、部品メーカーであるお取引先様から搬入される際の荷姿調整を担当しています。具体的には、部品の輸送中に部品にダメージが入らないか、無駄な梱包材が使われていないか、工場で部品を使用するときの作業性はいいかといった、量産するにあたって品質・コスト面で最適な姿で部品が納入されるようお取引先様や工場と調整しています。

マツダで実現したいこと

部品の特性を理解して安全に工場へ届けることで、
「走る歓び」を体験できるクルマづくりに貢献したい。

私の夢は、意のままに操縦でき、「走る歓び」をいつでも体感できる、そんな車を作り届けることです。単なる移動手段ではなく、日々の通勤や買い物の時でも運転の楽しさを体感でき、どこまでも走っていきたくなるような車を作りたいと考えています。そのような車を実現するための技術開発については開発部門で検討されています。しかし、実際に車を量産するためには、車を構成する部品一つ一つを適切な状態で工場に届けることが重要です。そのために私は、部品がどのような機能を持っているか、どの部分が「走る歓び」に関わっているかを理解し、その機能を損なうことなく確実に工場に届ける方法を考えることで、理想のクルマづくりに関わっていきたいです。

画像:宍戸 ちふみ

苦労話や面白さ・やりがい

画像:宍戸 ちふみ

言語や文化の違いを超えて互いの気持ちを知る。
伝えることの難しさと面白さを実感した。

 私は国内調達計画・物流グループという「国内」と名前が付くグループに所属していますが、海外のお取引先様から調達する輸入部品の担当もしています。アジア、ヨーロッパ、北米とやり取りする国も様々な中、自らの伝えたいことを過不足なく伝える難しさを日々感じています。
 また、直近で担当したお取引先様に対しては、品質が保てる荷姿になっているかなどを確認するために、実際に海外の拠点へ出張に行くという経験もしました。始めは無事やり遂げることができるのか不安がありましたが、上司や同僚のサポートやお取引先様の担当者の方の協力もあり、自分の思いを伝え、反映できたときは本当に安心しました。また、私自身英語が得意なわけではないため、コミュニケーションに不安もありましたが、自分が伝えたいことは簡単なイメージ図を描いて説明をし、相手の発言に対してはこまめにメモにして確認をすることで、お互い誤解の無いやりとりをすることができました。
 いろいろな国やお取引先様とやりとりをする際に、考え方が異なる部分を発見することが多々ありますが、お互いに意見を出し合い、最善の方法を探していくことは難しさもありますが面白さを感じる部分でもあります。

学生時代に学んだことの活かし方

偶然にも活かされた無機化学の知識。
独自の視点から輸送手段の改善を図る。

学生時代は応用化学科で、無機化学を専攻し有機-無機ハイブリッド材料の研究を行っていました。現在の業務内容と学生時代の専攻は異なりますが、全てが無駄になったかというとそんなことはありません。例えば、車の部品に多く使われている鉄について、輸送中に錆が発生した時、なぜ錆が発生したのか、どうしたら防げるかという点について化学の視点からアプローチができるといった、思いがけないところで学生時代の時に学んだ知識が活きてくることがあります。個人的には専攻が違うことはマイナスではなく、違った視点からアプローチができるという強みにすることもできると感じています。

画像:宍戸 ちふみ

学生へのアドバイス

画像:宍戸 ちふみ

多くの出会いと自問自答を重ね、
自分の核となる部分をみつけよう。

 就職活動は、自分が本当にやりたいこと、大切にしたいことを見つけるきっかけになると思います。私が就職活動をしていた時は、将来のことを考えて不安でいっぱいでした。そういった時は、まず自分が普段何に興味をもっているか、今後どういう生活がしたいかを考え、そこから「なぜ」興味があるのか、「どうして」そういう生活がしたいのかと考えを深めながら、自分の価値観の核になる部分を確認していました。

 また、就職活動中は多くの企業に会うことのできるチャンスです。様々な業界、職種の方の話を聞き、入社後の自分についてイメージしてみてください。出会う企業の中で、自分の核になる部分と合うものが見つかれば、入社したあとも前向きに業務に取り組むことが出来ると思います。
 迷うこともあると思いますが、たくさん試行錯誤をして、入社後の自分が一番輝ける企業を選んでください。その結果、マツダを志望したいと思ってもらえたら私も嬉しいです。皆様にお会いできることを楽しみにしています。

1日のスケジュール

08:15 始業

出勤状況、1日の業務予定をメンバーで共有化します。


08:30 メールチェック

海外のお取引先様からのメールは就業後に来ているものも多いです。


10:00 現場で荷姿確認

お取引先様から納入される荷姿について、問題がないか関連部門と確認会を行います。


13:00 資料作成/確認

お取引先様や工場などへ提案資料の作成を行います。


15:00 打ち合わせ

1日に2~3件程度打ち合わせがあります。


17:00~20:00 退勤

退社後は自宅でゆっくりご飯を食べてお風呂に入り、リラックスすることで疲れを溜めないように心がけています。定時退社日は夫と外食に行くこともあります。


休日の過ごし方

 休日はドライブに出かけています。広島県内だけでも海に山にとドライブポイントがたくさんあります。中でもお気に入りの場所は尾道からしまなみ海道にかけての瀬戸内海の風景です。穏やかな波間に浮かぶ瀬戸内海の島々の様子は本当にきれいで見飽きません。
 また、広島市中心部に出かけ、美術館に行ったり、カフェでお茶をしたりすることもあります。中心部での交通手段はバスや路面電車、レンタルサイクルなど選択肢が豊富なので主に公共交通機関を使って行きます。


 

 

 

関連リンク

  • シニアエンジニアインタビュー
  • 職種紹介
  • 制度・環境