社員紹介

MAZDA RECRUIT 2017
 

技術系

製造技術
(車体製造)

栗田 理世

MICHIYO KURITA

本社工場 車体製造部

2005年入社
工学研究科
創造設計工学専攻(機械系)


 

マツダを選んだ理由

ロードスターでドライブしたときに
味わった楽しさ面白さが忘れられずに。

 もともと、乗り物を造っている会社に興味がありました。数あるメーカーの中から最終的にマツダを選んだのは、就職していた友人がロードスターを購入し乗せてもらったのがきっかけです。夜中にロードスターでドライブに行き、今まで車を運転してても感じたことのなかった、何とも言えない楽しさ面白さで興奮しっぱなしでした。その時の衝撃的な感動が忘れられず、自分で最初に買う車はロードスターが欲しい!そして、こんな車を造っている会社で働いてみたい!とマツダへの入社を決めました。もちろん愛車はロードスターです。
 現在の仕事は、工場で新製品を量産するための準備をしています。私のいる工場は車のボディーを生産する工場です。常に高品質の商品を最短でお客様にお届けするため、生産技術部門や設計部門と一緒になって新製品の生産性や生産設備の評価・検討を行っています。また工場で働く社員が安全で安心して働ける工場レイアウトや作業検討など、工場で新製品の生産を開始し、高品質・高稼働を維持管理していくために必要になるすべての評価を行っています。

マツダで実現したいこと

皆がドキドキ・わくわくして楽しめる
テーマパークのような工場にすること。

老若男女、皆がドキドキ・わくわくして楽しめるテーマパークのような工場にすることです。私が担当している車のボディーを生産する工場は自動化率95%以上。何百ものロボットたちが全自動で金属の板を車の形にしていく姿は圧巻です。私も初めて見たときはドキドキが止まりませんでした。しかし現在、このボディー工場は皆さんが自由に見学していただける工場ではありません。いつでもだれでも見学に来ていただき楽しんでいただける工場、zoom-zoomな商品を製造しているzoom-zoomな生産工場にするのが私の目標です。日々の一つひとつの業務を大切にし、常に安全に高品質な商品を高稼働で生産できる工場にしていくことで近い将来実現できると確信しています。そしてぜひ、たくさんの方々に私たちの工場へ足を運んでいただき、実直で活き活きと働いている社員や磨き抜かれた設備・クルマを自慢したいです。

苦労話や面白さ・やりがい

ゼロから勉強した現場で
「仕事がわかりやすくなった」と言われることが最高の喜び。

工場物流の仕事を担当していた時、計画的な物流を行うためのシステムツールをIT部門の方と共に開発・運用化を行いました。当時は物流専属の技術スタッフがおらず、また学生時代からも物流というキーワードに触れたこともなかったので、文字通りゼロから勉強しました。自分や仲間たちと考えた理論を実現させるためIT部門に協力していただき、現場の方や部品メーカー・運送会社の方たちに、実際にツールを使用することのメリットを理解していただくため、生産の合間に毎日、毎日ディスカッションを重ねました。やり遂げた達成感はもちろんのこと、現場の方や運送会社の方から「ありがとう」「仕事がわかりやすくなった」と声をかけていただくことが最高の喜びです。工場の仕事は評価・技術開発したことがダイレクトに製造工程に反映されるので責任も大きいですが面白いです。また製造工場という職場柄、幅広い年代・経歴・職種の方々と一緒に仕事をします。様々なモノの見方・考え方を吸収することで自分自身の成長に繋がっていることが実感でき楽しいです。

学生時代に学んだことの活かし方

長期的にチームで課題に取り組んだことは、
現在の仕事にも役立っている。

学生時代は研究課題を長期的にチームで取り組んできました。一連の研究活動を深く学び実践することで粘り強く課題に取り組む姿勢や、自ら考え行動すること、いかに皆と効率的に進めるか、そういう能力を培ってきたように思います。現在の仕事においても長期かつ継続的な活動が多くあり、その経験が大変役立っています。また、課題に取り組む中で、数々の壁が立ちはだかることもありましたが、その時実践してきた解決プロセスはそのまま現在に活かされます。どんな仕事であれ、目標を立て挑戦し実現していく過程は一緒です。学生時代はこれが何の役に立つのだろうと思っていたことも、多かれ少なかれ全て活かされているなと今になって、実感できます。

学生へのアドバイス

就職活動は自分自身を見つめ直し、様々な業種や
会社を知ることで世界が急速に広がる時。

 学生には学生にしかできないことがたくさんあります。ぜひ今のうちに今しかできない経験をたくさん積んでください。今は感じないかもしれませんが、そのすべてが自身の血となり肉となり今後の人生に必ず活きてきます。
 そして就職活動を楽しんでください。自分自身を見つめなおすとてもいい機会です。活動を通じて新たな自分をたくさん発見できます。様々な業種・会社そのものにも興味をもち世界が急速に広がる時です。その中で、自分自身の強みや会社への思いを自分のものにしてください。それが、面接など限られた時間の中で、相手に自分の思いをしっかり伝える第一歩だと思います。

1日のスケジュール

07:40 出社

JRで通勤しています。15分くらいでしょうか。それからマツダ構内専用バスに乗り10分くらいで私の職場に到着します。出社したらまず、メールとその日の業務予定をチェック。あとは夜勤の生産状況の確認をしています。


08:45 打ち合わせ

現場の職長やマネージメントと前日の昼夜の生産状況の確認や、何かライン停止など問題があった時などは対策案を日々即決で決めています。毎日、止まることなく生産している工場ですから正確かつスピーディーな対応がとても重要になります。


11:00 現場チェック

評価中の設備や作業などを現場で職長やオペレータ等と確認したり対策を立案・トライしたりします。 また、設備改造や対策が想定通りにいっているかなどもチェックします。あとは現場の方とコミュニケーションを取るのも重要な仕事の一つですね。工場で行う仕事は現場の方の協力なくして、何一つ成り立ちません。現場には毎日足を運びます。特に新車種の量産直前段階は確認事項が増えるので、ほぼ現場に出ずっぱりです。


13:00 デスクワーク

導入予定の設備図面の検収や、現場でトライや対策を行った時のデータを整理し、次の新製品導入ステップの見直しを行っています。また、日々の生産稼働状況を分析し、高稼働を維持するための管理方法等の検討を行ったりもします。


15:00 打ち合わせ

新製品設備導入にあたり、設備図面の検収等で確認した懸念点を生産技術と共に変更案の検討を行います。設備改造を行う週末が間近に迫ってくると、スケジュールや人員を確認。また、生産技術部門のエンジニアと情報を確認しあい、導入が効率的に進むよう事前準備しておきます。


19:30 退社

 日によって退社時間はまちまちです。
 定時退社日には友人と食事に行ったり、買い物に行ったりしています。 また、週一で英会話教室にも通っています。海外拠点の工場からの見学や研修も多く、自分の言葉でコミュニケーションがとりたいとの思いで始めました。
 野球のシーズンは職場の皆と会社帰りにカープ観戦もよく行きますね。広島ならではです。


休日の過ごし方

 冬はとにかくスキーやスノーボードに行っています。私は雪国出身で、毎シーズン雪山で遊んでいましたが、広島に住んだらできなくなるのではと不安でした。しかし広島県には想像以上にスキー場がたくさんあり、いろんなゲレンデに行ってはウィンタースポーツを楽しんでいます。
 ほかにも友人や職場の皆と魚釣りやキャンプへ行ったりしています。私の職場には釣りをする人がたくさんおり、広島に来てから始めました。また周辺観光地、九州・四国、宮島など、有名どころにドライブがてら日帰りで行くことができるのはかなり魅力的です。
 とにかく、趣味に遊びに観光にプライベートには不自由しない所だと思います。


 

 

 

関連リンク

  • シニアエンジニアインタビュー
  • 職種紹介
  • 制度・環境