社員紹介

MAZDA RECRUIT 2017
 

技術系

パワートレイン開発
(制御)

 

久禮 晋一

SHINICHI KURE

パワートレインシステム開発部
パワートレイン制御システム
開発グループ

2006年入社
工学部 機械工学科


 

マツダを選んだ理由

企業説明会でブランドメッセージビデオを見て、
これだ!と決めた。

 私は就職活動を始めた頃は特別やりたいことも考えておらず、何となく自動車メーカーがいいかなくらいに思っていました。マツダを志望したのは企業説明会でのブランドメッセージビデオが決め手で、「Zoom-Zoom」、「子供の時に感じた動くことへの感動」という言葉を見て、これだ!と思いました。
 現在は次世代ガソリンエンジンの制御系モデルベース開発(MBD)に携わっています。MBDとは、シミュレーションによる机上検討を中心に据え、効率よく開発を進めることを指します。これにより新技術であっても、短期間で高品質・高機能な車を開発できます。SKYACTIV技術もかなりの割合がMBDで行われました。
 具体的な業務は、試作する前に設計図である制御モデルを机上でシミュレーションするMILS(Model In the Loop Simulation)と、試作された制御コンピューターを繋いでシミュレーションするHILS(Hardware In the Simulation)を整備することです。自動車の開発には数年かかり、その時々によって必要なシミュレーションも変わってきます。決まったことをやるだけではなく、「効率よく開発するために何が足りないか」、「どんな環境を作ればよいか」を考えて仕事を進めています。

マツダで実現したいこと

「次世代エンジンを世に送りだすこと」と
「MBDの理想の実現」。

 目の前の目標としては、現在業務として携わっている「次世代エンジンを世に送りだすこと」と「MBDの理想の実現」です。次世代エンジンは開発初期から関わらせてもらっているので、このまま量産されるところまで関わっていきたいと考えています。マツダでは人材の流動も活発で、必要な能力を持った人々が適時適材で集まるといったやり方で先行開発から量産開発まで様々な仕事に関わることができます。
 また、MBDの理想は「モデル上で全て開発してしまい、その後は試作して検証するだけ」ということです。こちらは入社以来配属されたチームで取り組んでいる目標です。理想は非常に高く、一人では心が折れそうになることもありますが、チームとして取り組むことで着実に理想に近づいていくことができています。
 今はいろいろ学んで、ゆくゆくは「理想の車を作る」というのを具体的な夢として持てるようになったらいいなと思っています。

苦労話や面白さ・やりがい

当初は使ってもらえなかった
モデルベース開発が、マツダ技報に掲載され嬉しかった。

 私の仕事は設計図を書くことではないので、よく言われる「この車のここは私の作った」ということはあまりありません。ただ、私たちがよいシミュレーション環境を作ることがよいクルマの開発に繋がっているというやりがいがあります。また、モデルベース開発自体が新しい取り組みなので、手順に沿った仕事だけなく、常に新しいことを考えて作っていく面白さがあります。
 苦労で言えば、モデルベース開発を始めた当初は、「モデルは信用できない」、「実車と全く同じでなければ使えない」と言って、設計者に使ってもらえないこともありました。せっかく作ったのに、と非常に辛い思いでした。それでもチームメンバーで粘り強くシミュレーションの有用性を紹介したり、シミュレーション環境も改良することで徐々に使ってもらえるようになり、今では開発プロセスとして定着しています。SKYACTIV-Gが発表になった頃、「マツダはモデルベース開発で開発してます」とマツダ技報にも大々的に書かれたのは嬉しかったです。

学生時代に学んだことの活かし方

仮設を立てて検証していくという流れは
学生時代に学んだことと同じ。

 私の研究テーマは摩擦に関するもので現在の業務とは直接関係ありませんが、仮説を立ててそれを検証していくという流れは学生時代に学んだことと同じだと思います。また今の業務で必要な自動車に関する知識、MATLABやC言語などのプログラミング知識は上司、先輩から教わりました。工学部出身で熱力学や制御工学などの一通り学んでいたというのもありますが、部門に配属された後1年間くらいは様々な教育を受けさせてもらえたのが大きいと思います。
 話は変わりますが、私は高校までスポーツ経験がないのに、大学ではカヌー部に所属して4年後にはいい成績を残すことができました。自分はこれが苦手と決めつけず、何でもできるだけやってみるという考えは今も大事にして業務に取り組んでいます。

学生へのアドバイス

インターネットに書かれていることを鵜呑みにせず、
自分でよく考えてみてください。

 最近読んだ小説の中にいい言葉があったので紹介します。「検索するな、思索しろ」という言葉です。就職活動に関してインターネットで検索すれば、企業の評判やエントリーシートの書き方などいろいろ調べることができると思います。参考にするのはよいのですが、そこに書かれていることをそのまま鵜呑みにせず自分でよく考えてみてください。就職活動は自分の将来を考えるよい機会です。ぜひ幅広く会社説明会にも足を運び、いろんな人と会って話してみて、大いに悩んでもらえればと思います。
 偉そうに言いましたが、私自身はマツダへの入社をそこまで深く悩まずに決めています。それは「自分は直感で決めて後悔しない」という考えがあったからですし、今もマツダに入社してよかったと思っています。そういう考えもありです。とにかく後悔しないようにいろいろ考えて、模索してみてください。
 その結果、マツダを志望してもらえれば私も嬉しいです。皆さんにお会いできるのを楽しみにしています。

1日のスケジュール

08:45 出社

広電とJRを乗り換えて、1時間くらいかけて通勤しています。出社したらメールをチェックしながら、一日の予定を考えます。基本的にはパソコンを使ってシミュレーションをしたり、資料をまとめたりしています。悩むことがあれば上司や同僚と話をしながら業務を進めていきます。フレックス勤務なので、業務の進捗によっては早く出社したり、私用で遅く出社する日もあります。


09:00 始業

 ラジオ体操をして、体調確認や非定常作業の予定など安全・衛生面のチェックをチーム単位で行います。
 「足元に注意しよう!よし」、「作業前に一呼吸!よし」など、安全ポイントを皆で唱和して業務開始です。


10:00 週報ミーティング

個別の相談は日々行って業務を進めますが、一週間単位で業務の進捗報告もします。情報を共有して議論したり、今後の進め方を決めたりします。


13:00 制御検証

 設計担当者が構築した仕様を元にシミュレーションできるようにします。
 完成した後は設計担当者に展開して検証を行うことで、制御仕様に問題がないか実機試験に移る前に確認できます。設計担当者といっても隣の席にいますので、逐次話をしながら進めています。


17:45 終業

 水曜日は開発・生産部門の定時退社日になっているので、残業はできません。
 帰りには広島駅を通るので、本屋に寄ったり、ブラブラして帰ることも多いです。
 残業をする日でも大体20:00には帰っています。


休日の過ごし方

最近は小説を読むことにはまっているので家で過ごすことが多いですが、買い物も趣味なので広島市街にでかけることもあります。東京や大阪ほどではありませんが、広島は都会でいろいろなお店があるので見て回ると結構楽しいです。まず、そごうに行って、次にエディオンに行って、疲れたらスタバで休んで、最後にパルコで服を買って帰る、みたいにして過ごしてます。有名な原爆ドームと平和記念公園もこの市街地にあって、県外から友達が来たらここと宮島に行きますね。


 

 

 

関連リンク

  • シニアエンジニアインタビュー
  • 職種紹介
  • 制度・環境