社員紹介

MAZDA RECRUIT 2017

事務系

海外勤務

 

加島 大樹

DAIJU KASHIMA

Product Planning
& Strategy

2009年入社
創造理工学部 環境資源工学科


 

マツダを選んだ理由

世界に展開するマツダのチャレンジ精神に、
自分の力が発揮できる場所があると感じた。

 元々志望企業はメーカーに限定していました。その理由は、街で自分が携わった商品を友人や家族に「あれが自分のやった仕事の成果だよ。」と言えたらかっこいいと思ったからです。その中でもマツダを志望した理由は、日本の自動車メーカーの中では比較的小さなマツダが世界で活躍する、そのチャレンジ精神に共感し、自分もこの会社ならば単なる一つの歯車とはならず、力を発揮できる場があると感じたからです。

 現在、私はアメリカにあるマツダの小会社に出向しています。そこでは主にMazda6(日本名:アテンザ)の商品マーケティング担当として、価格及び自動車の装備を各種データに基いて立案し、戦略とともに日本のマツダ本社に対して提案を行う業務を担当しています。商品の価格・装備を提案する仕事は、承認を得られれば自分の提案がそのままお客様の目に触れ、世の中に広がっていくとてもやりがいのある仕事です。まさに、入社前に描いていたやりたい仕事を任せてもらっています。

マツダで実現したいこと

価格の面からブランドに貢献し、
多くの人々へマツダの価値を広めていきたい。

 マツダにはロータリーエンジンやSKYACTIVエンジンに代表される、他の自動車メーカーでは成し得なかった優れた技術を開発する「飽くなき挑戦」の精神があります。この熱い想いがこもったマツダの自動車を一人でも多くの人に知ってもらい、体験してもらうこと。それが私がマツダで実現したい目標です。良い話や良い物があれば人に紹介したいと思うのは人の根底にある事だと思いますが、自分の好きな自動車で、しかもそれが仕事としてできることは幸せなことだと思います。

 価格を提案するという仕事は、優れた技術・商品に価値を提示し、お客さまから選んでもらう為の重要な指標を作るということだと思います。その価格にお客様が納得すれば、技術を体験していただくチャンスを得ることになります。私は技術者のように直接的に自動車には携わっていないものの、「価格」という別の側面からマツダというブランドに貢献し、お客様の信頼を得ながら、これからも多くの人にマツダを理解してもらう一助となりたいと思っています。

苦労話や面白さ・やりがい

時間がかかっても世に出したい1台がある。
上司や先輩の助言が責任感を支えてくれた。

 私の従事している仕事は、1年から2年先の将来の自動車に対してアクションを起こしていくものです。当然、未来の市場を予測することになるのですが、誰も答えを持っていない分、論理的な戦略を練ることは常に苦労が絶えない一面を持っています。

 私が入社した直後に商品マーケティング担当として受け持ったマツダBT-50(ピックアップトラック・海外のみ販売)は、私がチームに所属してから3年という年月を経て世の中に発表されました。それまでの期間は「本当にこの車が世の中に出ていくことができるのか」と気が遠くなるほどの様々な苦労がありました。私が粘り強く仕事を続けられたのは、自分がこの車を担当しているという自負や自覚が支えていたのもありますが、何より上司及び先輩の的確なアドバイスやサポートがあったからだと思います。タイにある工場で量産を開始した車両を自分の目で見た瞬間は、達成感と充実感で鳥肌を立てながら、これからの販売成功を祈っていたのを今でも覚えています。

学生時代に学んだことの活かし方

論理的思考方法が、
未来のモータリゼーションの推察に活きている。

 私は大学時代に隕石の研究をしていました。それは、具体的に隕石に含まれる成分を分析することで、宇宙の成り立ちや星の起源を明らかにしていくという学問です。その時入手できたわずかな情報から何十億年も過去の出来事を推察することは、非常に丁寧な考察と、時には大胆な仮説によって成り立ちます。現在では、学生時代に学んだことと直接関係のない自動車業界に身を置いていますが、その時培った論理的思考方法は対象を「過去」から「未来」へと形を変えて、現在の業務に役立っています。

 「理系だから技術系」と短絡的に結びつけず、「直接関係のない業界に入るならば何が本当に自分がやりたいことだろう」と自分と向き合い、現在の部署を志望しましたが、今となってはそれが間違っていなかったと思います。

学生へのアドバイス

会社が目指す方向が、
自分の叶えたい夢と重なっていることが大切。

 入社後に描いていたイメージと異なることに気づき、後悔するということは、皆さんにとっても企業にとっても不幸なことだと思います。マツダに限らず、多くの企業を分析し、その企業が掲げる理念にどれだけ共感できるか、しっかり想像してみてください。具体的にこういった仕事がしたいと絞り込むことも大切ですが、業務の内容を自分のやりたいことにするのではなく、会社として向かう方向が自分のやりたい方向とあっているか、そこから自分の達成感を得られるかを念頭に置いてみてください。
 先程も触れましたが、私の根底には、「マツダを多くの人に知ってもらいたい」という想いがあり、それは本質から来るもので、たとえ現在の部署に配属されず、別の部署にいたとしても、マツダの成長の一端を担うことに変わりはなく、今と変わらない達成感を私は得られただろうと思います。
 学生の皆さんが自分と向き合い、その目線の先にマツダがあり、同じ志を抱く方がいれば、これほど嬉しいことはありません。将来皆さんとお会いできることを楽しみにしています。

1日のスケジュール

08:00 出社

カリフォルニア州アーバインにあるオフィスまでは車で約10分の距離。自分の担当する車種Mazda6(日本名:アテンザ)に乗り、出社しています。私の住む地域では、公共交通機関は日本ほど整備されておらず、基本的には全社員自動車通勤です。オフィスに到着したら、まず時差のある日本から届いたメールを一通り確認し、緊急度の高いものから1日にする仕事の順番を決めます。


09:30 チームミーティング

アメリカ人の上司、グループに所属するメンバーが集まり、自分の業務の進捗と問題点を共有し、その週のやるべきことを明確化していきます。私のような出向者でも個人のブースが与えられる一方で、こういったミーティングに限らず、コミュニケーションは重要視され頻繁に行われています。


12:00 昼食

お昼は何時からと決められているわけではなく、業務・会議の有無によって自由に取ることができます。基本的には、12時前後にキリのよい人から昼食をとっていますが、社外に食べに行ったり、お弁当を持参したり、私のように自宅が近い者は自宅に帰って昼食をとる人など様々です。月に何回かは、所属する部署のメンバーや上司とそろって外へでかけ、ハンバーガーを食べに行くこともあります。


14:00 関連部署とのミーティング

商品に携わる業務は、自然と専門性を持つようになり、多くの部署から問い合わせや依頼が舞い込みます。メールや電話では伝えきれない情報がある場合は、直接顔を合わせて会議をし、一つ一つクリアにしていきます。部門の垣根を越えた協働は、一貫したブランドメッセージを発する上でも大変重要です。


16:00 上司と打ち合わせ

その日のその時点での業務の進捗を報告し、方向性から逸れていないかを再確認します。また、新たに自分の提案を作成した場合は、アドバイスをもらい、実現に向けてネクストステップを相談していきます。この打ち合わせで出た方針は、次の日の行動の指針となる為、1日のうちでも重要な時間です。


18:30 退社

日によって退社の時間はまちまちですが、基本的に17時を過ぎれば退社時間となり、自分の業務の進捗に合わせて自由に帰ることができます。アメリカでは、仕事とプライベートのオンオフが日本以上にはっきりしており、日の長くなる夏には平日からアパートメントの共同スペースでBBQをしている姿もよく見かけます。私も週に1度はアメリカでの生活を満喫する為、仕事終わりにドライブしながら遠くまで行き、外食や買い物でリフレッシュしています。


 

 

休日の過ごし方

カリフォルニア州の気候は大変過ごしやすく、インドア派だった私も外出が増えたように思います。週末には近くにあるビーチまでドライブし、海の見えるレストランで食事をしたり、ショッピングをしたりしています。夕方になれば、海岸へ再び戻り水平線に沈んでいく夕日を眺めて散歩をすることもあります。ハリウッドやサンタモニカにも車で行ける範囲なので、週末を利用して積極的に観光し、海外生活ならではの貴重な体験を通して、仕事からだけでは得られないアメリカの文化に触れることに努めています。


 

 

 

関連リンク

  • シニアエンジニアインタビュー
  • 職種紹介
  • 制度・環境