社員紹介

MAZDA RECRUIT 2017
 

事務系

国内営業

 

藤間 直

NAO FUJIMA

国内営業本部
特約店支援部

2003年入社
商学部


 

マツダを選んだ理由

自分の成長意欲に応えてくれる
チャレンジフィールドの広さや、魅力的な商品・技術に共感。

 マツダへの入社を決めた理由は、自分を成長させることができる会社だと感じたからです。マツダの事務系職種にはマーケティング・セールス・サービス等の幅広いフィールドがあり、参入市場もグローバルに広がっています。自分の成長意欲に応えてくれるチャレンジフィールドの広さは魅力的でした。また、企業ビジョンが明確であり、個性を持つ魅力的な商品・技術にも共感を覚え志望しました。
 現在、私は特約店支援部の新車販促チームに所属し、マツダの商品・サービスとお客様を結ぶ国内の販売会社を支援する役割を担っています。国内といっても、都市・ローカル・降雪地域など多彩なエリア特性があります。そのエリア特性や販売会社の固有の取組に合わせた個別支援を行っています。また、お客様にマツダのクルマづくりの考え方やこだわりに共感いただき、マツダを選んでいただく活動も重要な業務です。そのための営業研修支援や販促企画を立案し、販売会社と一体になってお客様にマツダの魅力を伝える活動を行っています。

マツダで実現したいこと

マツダファンの一人として、マツダの魅力を正しく
分かりやすく多くの人に伝え、マツダファンを増やすこと。

 私の目標は、多くのお客様にマツダファンになっていただくことです。特に「クルマにはあまり興味がない」「マツダのクルマをよく知らない」という方に、新しくマツダを選んでいただけるようになることを目指しています。
 マツダのクルマづくりには独自の視点があり、とても個性的な魅力を持つ商品が揃っています。その魅力を正しく分かりやすく伝え、大勢の方にマツダに振り向いてもらいたいと考えています。マツダの開発メンバーは本当に真面目で、そしてこだわりを持ってマツダらしいクルマを作り続けています。その想いと歴史を知れば知るほど、多くのお客様に伝え共感してもらいたいと思うようになりました。つまり、私自身がマツダファンなのです。私はマツダの魅力を多くの人に語りたいと本気で思っています。そしてマツダファンを増やすことで、マツダの魅力は広く伝播していくと信じています。
 そのために、お客様との直接的な接点を持つ販売会社と一体になって、マツダ車の魅力を伝える活動を推進していきたいです。

苦労話や面白さ・やりがい

お客様との間に絆を作るという視点を持ち、
他部門と連携した企画立案などチームワークを発揮する。

 お客様にマツダのファンになっていただくためには、実は購入後のお付き合いが非常に重要です。点検や車検、保険や中古車など、マツダがお客様を繋ぐ商品は新車だけではないからです。様々な職種のメンバーが、お客様一人一人のカーライフに関わっています。お客様に信頼いただき、ファンになってもらうためには、チームワークを発揮して仕事を進めなければ実現できません。
 私の仕事に置き換えますと、以前は新車のプロモーション企画を立案する時、新車販売そのものを目的としていました。そのため、新車の機能紹介や広告を増やす企画がメインでした。しかしそれでは購入後の満足までつながりません。今では新車をきっかけに、マツダのことを好きになってもらうことを目的とした企画を立案するようになりました。するとマツダのクルマ作りの考え方を伝える企画や、ご安心いただくためのメンテナンス商品の訴求など、具体的なアクションが変わってきました。従来は自部門のみで企画していましたが、今では他部門と連携した企画立案が出来るようになりました。
 私は入社以来、国内営業で仕事をしてきました。販売店をお客様に信頼いただくことが、再びマツダを選んでいただくために不可欠だと思っています。目の前の成果を追うのではなく、お客様との間に絆を作るという視点を持ち、チームワークで仕事を進めることに、今、非常にやりがいを感じています。

学生時代に学んだことの活かし方

過去の出来事を構造的に捉え、
未来への洞察力を磨くことができた。

 学生時代は商学部に在籍し、西洋経済史について専攻していました。経済史の専攻を通じ歴史を学ぶことで、現在の経済を深く知ることができました。また、未来への洞察力を磨くことができたと思います。まさに温故知新ですね。今の私の業務は国内における過去の新車販売を振り返り、これから起こることを予測した上で施策を講じることです。学生時代に専攻で学んだ経済学は、今の業務へ直接的に役立っている訳ではありません。しかし、過去に起きた物事のつながりを構造的に捉え、考察する力のベースになりました。
 学生時代を振り返ると、学んだことを深掘りすることや多くの人とコミュニケーションを重ねることを大事にしていました。それが今の業務に役立っていると思います。

学生へのアドバイス

「相手に伝える力」を身に付けること。
これは、社会人としてとても重要なスキル。

 就職活動は多くの会社・業界に触れる貴重な機会です。私自身の就職活動を振り返ると、とにかく幅広く会社説明会に参加する事を心がけていました。そして実際に多くの発見があったと思います。実は、就職活動中は自動車メーカーに強い拘りがあったわけではありませんでした。しかしマツダを知り、マツダを調べることで、自分が挑戦したいフィールドを見つけられたと思います。
 就職活動を迎える皆さんへのアドバイスとしては、「相手に伝える力」を身に付けることです。面接では、自分自身の強みや想いを限られた時間の中で分かりやすく伝えることが必要になります。これは社会人として仕事を進める上でとても重要なスキルです。私の今の仕事は、販売会社や代理店、社内の他部門のメンバーと関わりが多く、伝える力の大事さを日々実感しています。面接などで自己PRをする機会が多くなると思いますが、是非、行動の理由について一歩深く考えてみてください。実体験を思い出し、自分が「何をしたか」だけでなく「何故そうしたのか」と掘り下げることで、自分らしさを相手に伝えるヒントが見つかると思います。
 マツダは、チャレンジ精神を持った社員を応援してくれる会社だと思います。是非、挑戦する気持ちを持って就職活動に挑んでいただければと思います。

1日のスケジュール

09:00 業務スタート

通勤時間は40分程です。出勤したら最初に業務予定をチェックし、毎朝必ずチームミーティングを行います。代理店や他部門と協働で進める仕事が多いので、打ち合わせや資料作りなどその日の業務スケジュールをチームメンバー全員で整理します。


11:00 広告代理店と打ち合わせ

広告代理店と打ち合わせを行います。分析結果や課題を共有し、やるべき仕事を洗い出して議論を重ねながら企画を立案します。打ち合わせの頻度は企画によって異なりますが、可能な限りコミュニケーションを増やし、円滑に仕事が進むようにしています。


14:00 エリア担当者と定例ミーティング

 国内営業の中には地域別の担当者がいます。その担当者と定期的なミーティングを実施することで、各エリアの販売現場で起こっている事例や課題を把握でき、販売現場に即した施策を実施できるようになります。施策の目的や具体的な内容、効果検証まで共有しながら仕事のPDCA※を回すように努めています。
 ※plan-do-check-actのサイクルを回し、継続して改善していくこと


18:00~19:00 退社

時期によって様々ですが、19:00ぐらいには退社するように心掛けています。帰宅後は家族と団欒の時間を過ごしています。あまり夜更かしせず、早めに寝ることで体調管理をしています。最寄り駅のそばに映画館があるので、月に1~2回はレイトショーで映画観賞しています。


休日の過ごし方

 勤務中はデスクワークが多いので、休日はできるだけ体を動かすように心がけています。運動して汗をかくために、日頃からジョギングなどを行っています。瀬戸内海が近いので、海が見えるコースを走りながらプライベートタイムを過ごしています。季節に応じてバーベキューやゴルフ、スノーボードに行きます。全て広島に来てから始めた趣味です。アウトドアな休日を過ごすことでリフレッシュでき、仕事への励みになっています。
 また、家族との時間も大事にしています。家族そろって買い物や食事をして過ごすことが多いのですが、広島カープやサンフレッチェ広島の試合観戦に行くことも楽しみの一つです。子供の七五三や初詣などは厳島神社でお参りをするなど、広島ならではの生活を楽しんでいます。


 

 

 

関連リンク

  • シニアエンジニアインタビュー
  • 職種紹介
  • 制度・環境