社員紹介

MAZDA RECRUIT 2017
 

事務系

中国事業

 

高橋 祐樹

YUKI TAKAHASHI

中国事業本部

2007年入社
政治経済学部 経済学科


 

マツダを選んだ理由

独自の開発思想に共感し、「もっと多くの人に乗ってほしい!」
という想いを持つようになっていた。

 マツダへの入社を決めた理由は2つです。
 1つ目は、「走る歓び」と「デザイン」の追求という、独自の開発思想を持ったクルマづくりをしていること。
 私自身、「クルマは移動手段である以上に、運転を楽しむもの」、「カタログスペックに表れないが、デザインには大きな価値がある」と考えており、共感を覚えました。そして、就職活動を通じてマツダのこだわりを知っていくうちに、「もっと多くの人に乗ってほしい!」という想いを持つようになりました。
 2つ目は、同業他社と比べていい意味で規模が小さく、チャレンジスピリットを持った企業であること。
 「自分の可能性を限定することなく、幅広い領域に挑戦したい」と考えていたので、マツダのチャレンジスピリットは魅力的でした。入社から現在まで中国事業本部に所属していますが、これまでに3つの仕事を経験しています。最初は、ビジネスパートナーとの交渉および契約書の作成。次に、中国における商品戦略の策定。そして現在は、中国ビジネス全体の予算管理。当初の希望通り、幅広い領域での仕事に挑戦できています。

マツダで実現したいこと

マツダだけでなく、
全てのパートナーが利益を出せるビジネスの実現。

 私の目標は、利益を出し続けるビジネスを実現すること。
 利益とは、マツダを選んで頂いたお客様からの、商品・サービス体験に対する評価とも言えます。つまり利益を目指すことは、お客様からの評価を高め続けること。「マツダらしさを提供して、お客様に選ばれ続けること、歓んでいただくこと」だと考えています。
 さらに、マツダだけでなく、全てのパートナーにとっての利益が目標です。例えばマツダの利益は新技術の開発投資に繋がり、販売店の利益は店舗設備や人材への投資に繋がります。つまり、各パートナーに利益があるからこそ、よりマツダらしい新商品・サービスが生み出せる。その結果として、より多くのお客様に「走る歓び」と「感動を呼ぶデザイン」をお届けできるからです。
 一社員の目標としては、壮大過ぎると感じるかもしれません。しかし現在マツダでは、上記のような考え方を「ウィニングサークル」と名付けて、全社員の目標として掲げています。これを読んでいる皆さんも、将来のマツダを支える仲間になってほしい。そして、この目標に向けて一緒に取り組んでいけたら嬉しいですね!

苦労話や面白さ・やりがい

ビジネス全体を俯瞰し、数値化することで意思決定をサポートする。
次のアクションを自ら提案し、周囲を巻き込んでいく。

 現在の具体的な役割は「中国ビジネス全体の収益計画の策定、毎月の予実差分析および報告」です。高い視点からビジネス全体を把握できるところに面白さがあります。億円単位の数字を扱うという責任はありますが、戦略的な意思決定に関与できることも多く、大きなやりがいを感じています。
 中国ビジネスの全てが対象のため、販売台数はもちろん、広告宣伝活動、現地工場や販売会社の経営状況なども知る必要があります。そうやって多くの部門、関係者と共に仕事をしてきて感じること。それは自分が計算する数百億円という大きな数字は、一人ひとりの「想い」の集合体であるということ。業務経験を重ねるうちに、数字だけでは表せない製造・販売現場の「想い」を意識するようになり、仲間への尊敬と自分のモチベーションに繋がっています。
 予算管理というと計算をするだけ、という印象かもしれません。実際には、計算はあくまでスタート地点。計算結果からどんなメッセージを導き出すか。どんなアクションを提案するか。いかに周囲を巻き込んでいくか。ここに難しさと醍醐味があります。

学生時代に学んだことの活かし方

学んだ内容ではなく「学び方」。
インプットとアウトプットを繰り返し、主体的に考え続ける。

 学生時代の専攻は経済学であり、中国語は話せない。さらに会計に関しては全く知らないどころか、数字を見るのも苦手…。予算管理を任されたときは、本当に不安だったのをよく覚えています。
 そんな私が仕事に活かせていることは、学んだ内容ではなく「学び方」です。それも極めてシンプルで「分からないことは素直に教えていただく」、「自分で徹底的に考える」ということ。
 例えばこういうことです。
 未経験者であること、分からないことを素直に伝え、まずは皆さんから情報をいただく。その情報をベースに、原理原則に立ち戻って「業務の目的は何か、必要な成果は何か」を、自分で徹底的に考える。その自分の考えに対して、皆さんから意見をいただくことで、新しい情報や気付きを得る。このサイクルを回すことが、知識を身に付けたり、提案を生み出すのに役立っていると感じます。
 つまり、インプット→アウトプットのサイクルを何度も繰り返すこと。謙虚に、そして主体的に考え続けること。これからも、この姿勢を大切にしていこうと思います。

学生へのアドバイス

「これを本気で実現したい!」という
”強い想い”を見つけること。

 ビジネス、スポーツ、それ以外のどんな分野でも、何かを成し遂げる人は「本気で実現したい!」という”強い想い”を持つ人だと思います。
 もしかしたら、精神論では何も動かないと思うかも知れません。実際、かつては私もそう思っていました。ただ、尊敬できる上司、同僚たちと仕事を進めるうちに、想いの大切さを肌で感じるようになりました。
 「本気で実現したい」という想いを持つ人は、実現するための方法を、誰よりも深く考えて、人の何十倍も行動します。
 「本気で実現したい」という想いを持つ人は、理想に対して誰よりも情熱があるから、その理想に共鳴する人たちを動かします。
 そして、周囲からサポートを得ながら、自らが挑戦を続けた結果として、理想を実現するのではないでしょうか。
 「これを本気で実現したい!」という”強い想い”を持つこと。これは、皆さんに対するメッセージであると同時に、自分自身へのメッセージでもあります。
 私も、常に自らに問いかけ続けます。

1日のスケジュール

08:00 子供を保育園に送る


09:00 出社、メールチェック、各部門からの依頼事項に対応


10:00 来期予算の策定方針について経営企画本部と打ち合わせ


11:00 生産・販売状況について現地工場・販売会社との電話会議


12:00 昼休憩


13:00 本部費用の適正な会計処理について財務本部と打ち合わせ


14:00 今月の収益見通しの計算、本部長への報告資料の作成


16:30 上司への報告、資料の最終化


17:45 退社(業務のピーク時は残業することもあるが、基本的に定時)


18:30 子供と一緒に遊ぶ、家族で夕食


休日の過ごし方

 休日は自然の中で子供たちと遊ぶことが多いです。普段の週末は、大きな公園でアスレチックをしたり、自転車に乗ったり、犬の散歩をしたり。長期連休には、夏は海水浴やキャンプに行ったり、冬はスノーボードをしたりもします。海と山、どちらも近くにあるのは広島の魅力ですね。
 広島市中心部に行くこともあります。家族で美術館にいったり、カフェで食事をしたり、ショッピングをしたり。都市部であっても、あまり渋滞がなく、クルマで気軽に出かけられるのも広島のいいところです。


 

 

 

関連リンク

  • シニアエンジニアインタビュー
  • 職種紹介
  • 制度・環境