社員紹介

MAZDA RECRUIT 2018

事務系

 

生産管理・物流

中屋 智文

TOMOFUMI NAKAYA

 

生産管理・物流本部
CS部品部
PS&L企画グループ

2008年入社
経営学部 経営学科

マツダを選んだ理由

「自分もこんな成長ができるはず!」
マツダについて熱く語る社員に進路を見出す。


 海外を舞台に仕事に取り組みたい気持ちがあったこと、また生活の一部であった自動車が自分にとって身近であったことから、自動車メーカーに興味を持つようになりました。そして会社説明会や採用面接などで、マツダ社員の皆さんが自社の歴史や製品についてありのままに熱く語ってくださったことが非常に印象的で「自分も仕事を通じ製品を熱く語れるようになりたい、またこのような熱い方々と共に仕事をすることで成長できるはず!」と思い入社を決めました。

 現在は、マツダ車の修理・交換等に使用されるお客様用部品の物流ネットワーク戦略構築を担当しています。弊部では、販売したマツダ車をお客様にお渡しする時を「ファーストコンタクト」、初回以降、部品の修理・交換等が必要な時に、お客様がマツダ車を販社へお持ち頂く時を「セカンドコンタクト」と呼んでいます。このセカンドコンタクト時に「お客様が欲しい部品を欲しいタイミングに、最適なビジネス効率で提供する」ことでマツダ車を快適に乗り続けて頂くことができます。上述の構想に合致した物流ネットワーク戦略を構築することで、マツダのブランド価値を向上させることに繋がっていきます。

マツダで実現したいこと

プロジェクトを通じ、
海外の最前線でお客様用部品を供給する存在となる。

 

 大きく、短期目標と中長期目標に分けて説明いたします。
短期目標は、現在担当している「メキシコ工場で生産されるマツダ車のお客様用部品物流ネットワーク再構築」と「他社とのアライアンスによるお客様用部品業務構築」を確実に導入させることです。どちらのプロジェクトも上述した「お客様が欲しい部品を欲しいタイミングに、最適なビジネス効率で提供する」為に、何をすべきなのかを常に考え続け行動し続けていきます。
 中長期的には、本社からの企画支援という立場に留まらず、自らが海外の最前線でお客様用部品を供給する業務を担っていきたいと考えています。海外の現場を経験することで実状に即した物流ネットワーク戦略を本社に提案することも視野に入れて取り組む所存です。

苦労話や面白さ・やりがい

全関係各社が同じ目標に向かって各自の役割に取組むことで
計画が前進したときにやりがいを感じる。
 

 苦労は枚挙に遑がありませんが、やはり一番は「関係各社との調整の難しさ」ではないかと思います。現在取り組んでいる物流ネットワーク再構築では、マツダ本社のみならず海外の関係各社とも調整する必要があります。関係各社の思いを上手く調整しながらプロジェクトを進めて行くために重要なポイントが「全関係各社が同じ目標に向かって各自の役割に取組むこと」です。その為には最終的な目標の摺合せを綿密に行うことが大切であり、意識的に実践している事でもあります。
 やりがいを感じられる時は、(苦労の裏返しでもありますが)関係各社との調整の末、計画が少しでも前進した時です。これは日々の業務を通じて、関係者と「思い」が通じ合えた瞬間でもあります。
 以前、メキシコ工場出張中、お客様用部品を緊急で米国に供給しなければならないことがありました。この時、工場内の調達や購買部門、現地サプライヤーが一体となったことで迅速な供給を実現することができました。関係者全員が同じ目標に向かって各自の役割に取組むことで、大きな力を発揮できることを学ぶことができました。

学生時代に学んだことの活かし方

経営学と物流ネットワーク戦略構築は
本質的に同じことが求められる。
 

 学生時代の専攻は経営学で、「ビジネスにおける課題を発見しその解決に至るまでを自ら取り組めるようになること」を目標としていました。その為にビジネス基礎~起業家講話といった様々な観点で経営学を学び、非常に刺激的な4年間を送ることができました。共通点の無いように見える経営学と物流ネットワーク戦略構築においても、本質的には同じことが求められており、「物流における課題を発見し、その解決策の提案から導入に至るまで」に責任を持って取り組んでいます。
 また在学中に挑戦した「オーストラリアへの数か月間の短期留学」も現業務に活かせる大切な経験となりました。残念ながら、数か月間の留学では語学力の劇的向上は果たせませんでした。しかし「限られた時間の中で語学力を向上させるために何をすべきか」を突き詰めて考え行動した経験は、業務において「目標と期日の設定、及び目標に向け行動する」上でも役に立っています。

学生へのアドバイス

ニュートラルな気持ちで
様々な業界の方と話をしてみてください。
 

 就職について、「既に方向性が決まっている方」や「未だ漠然としている方」など、様々であると思います。就職活動は様々な業界・企業を知ることができる数少ないチャンスです。是非、ニュートラルな気持ちで様々な業界の方と積極的に話をしてみてください。それを継続する中で「これだ!!」と思えるものに出会えるのではないかと思います。
 少しだけマツダのアピールをさせて頂きます。マツダでは「自動車」を軸に幅広い業務領域に関わることができ、皆さんの活躍できる領域が必ずあります(熱い方も多数います!)。数ある業界・企業の中からマツダに興味を持っていただければ幸せですし、皆さんと一緒に将来のマツダを創っていけることを楽しみにしております。

1日のスケジュール

 

08:40  出社

その日のスケジュールを整理し、9時からの業務に備えます。
※メキシコ工場と電話会議があるときは8時に出社


09:00  朝礼

グループ内出退勤の確認を中心に5分程で行います。


10:00  システム化検討会議

本社内の関係部門とプロジェクトのシステム化に向けた調整を行います。


 

15:00  資料作成

明日の会議資料を集中して作成します。


17:00  欧州物流会社との電話会議

海外関係者とはメールだけでなく、必ず定期的な「会話」でのプロジェクト進捗を実施しています。


18:00〜19:00頃  退社

繁忙期はもう少し残ることもありますが、基本的には遅くとも19時までには退社します。


 

 

休日の過ごし方

休日はできるだけ外に出てリフレッシュしています。広島の素敵なところは「少し足を伸ばせば見応えのある自然スポットへ行ける」ことです。写真は、先日妻と車で行ってきた山口県の角島です。本当に綺麗な風景で何時間でも居たい、そんな気持ちになりました。

 

 

関連リンク

  • シニアエンジニアインタビュー
  • 職種紹介
  • 制度・環境