事務系職種紹介

MAZDA RECRUIT 2017

事務系職種紹介

事務系職種紹介

経営企画、財務・経理

業務領域

【経営企画 領域】 経営企画・原価企画
●経営計画を策定するとともに、その進捗状況をモニタリングし、課題を特定し、解決策を提案し、経営計画の達成をリードします。
●経目標遂行のため、社内外の情報を集約・分析し、計画達成の障害となり得るリスクシナリオを検討し、その対応アクションの提言を行います。
●生産拠点・他社提携等の機能別戦略の策定、市場別の収益目標の設定、新商品プログラムの収益/コスト目標の設定を行い、達成に向けた諸活動を推進します。
●官公庁・政府機関・業界団体等との渉外活動を推進し、得られた情報を社内関係部門へ展開し、協働の推進を通じて経営を補佐します。

【財務・経理領域】 財務・経理・IR

●経営成績・財務状態を的確に把握・分析し、適宜、社内外へ実績情報を提供します。
●経営活動に必要な資金の安定的な調達および運用を行います。
●投資家や証券アナリストに対するフェアでタイムリーな情報開示を行います。

この職種の社員紹介

原価企画

原価企画

三好 康幸

2009年入社
物理工学科

詳細へ

 

購買

業務領域

自動車を生産するための部品(アクセサリ用品を除く)・資材・設備・要具等について、性能・品質・コスト(原価)・安定供給の観点で、最適なお取引先を全世界から選定し、調達することを主な業務としています。

業務内容

【購買業務の流れ】

開発部門・品質部門・生産管理部門や財務部門等、多数の社内部門、およびお取引先との連携を密に行いながら、調達戦略の策定から支払いまで、調達に関する幅広い業務を遂行しています。

【グローバル調達の推進】

世界中の部品や資材のサプライヤーに門戸を開き、公平・公正な参入機会を提供しています。この結果、部品等は日本国内はもとより、北米・欧州・アジア等、世界中から調達しています。

【利益創出部門としての役割】

購買は、調達する部品・資材等の原価を下げることで、会社の利益創出に貢献しています。コスト(原価)低減は、開発部門等の社内関連部門と連携し、お取引先と協働してWin-Winの関係を構築しながら、最適な製品仕様・生産工程を追求する活動により実現します。

この職種の社員紹介

購買

購買

芦田 英全

2005年入社
電気電子工学科

詳細へ

 

グローバルマーケティング&セールス

業務領域

マツダ車を全世界に浸透させるための商品化の企画推進、ブランド戦略の展開をはじめ、販売施策展開や、アフターフォロー強化等の取り組みを行っています。

業務内容

マツダブランド価値を高める活動において、社内関係部門および現地ディストリビューターと密接な連携を図りながら商品企画の推進、価格戦略や顧客ブランド体験等の戦略立案と推進を行っています。この活動のもとに、グローバルにお客様とのつながりを革新していくために現地ディストリビューターの支援をしています。

この職種の社員紹介

グローバル販売&マーケティング

グローバル販売&マーケティング

山本 峻

2007年入社
総合政策学部

詳細へ
グローバル販売 &マーケティング

グローバル販売&マーケティング

權 容載

2011年入社
経営学科

詳細へ
海外勤務

海外勤務

加島 大樹

2009年入社
環境資源工学科

詳細へ

 

国内営業

業務領域

国内市場におけるマツダの販売台数・収益の責任を負うとともに、マツダブランドの向上を図り、販売会社様と共に、お客様に選ばれ続けるブランドを目指して活動しています。

業務内容

『お客様視点』・『研鑽育成』・『チームワーク』を実践してお客様に選ばれ続けるマツダを目指して、国内市場の営業戦略を企画・実践しています。具体的には、国内の商品戦略・コミュニケーション戦略の立案にはじまり、国内販売会社の新車・中古車・サービス事業、財務・内部統制を含めた経営全般に係わる指導・支援を行っています。

この職種の社員紹介

国内営業

国内営業

藤間 直

2003年入社
商学部

詳細へ

 

中国事業

業務領域

中国市場において、生産・販売の体制を築いて効果的なビジネスを実現すること、そしてマツダとお客様とのつながりを深め、マツダのブランドイメージを向上させていくことが私たちの主な仕事です。

業務内容

世界最大の市場である中国には、世界中の自動車ブランドが進出しており、競争は一層熾烈さを増しています。中国ビジネスにおける競争力を強化し、マツダを支える柱の1つに育成するため、生産から販売までのあらゆる領域における施策の推進を行っています。

【販売/マーケティング】

中国のお客様のニーズに合致した商品の導入、ブランド構築に向けた各種施策の企画運営、販売網の整備等、お客様とのつながりを深め、中国におけるマツダのプレゼンスを高める業務を行っています。

【企画/財務】

中国ビジネスにおける戦略を立案し、マツダはもちろん現地パートナーにとっても最適なビジネス構造の実現に向けた取り組みを推進しています。また、中国における全てのビジネスを財務面から包括的に管理しています。

この職種の社員紹介

中国事業

中国事業

高橋 祐樹

2007年入社
経済学科

詳細へ

 

カスタマーサービス

業務領域

●カスタマーケア(海外、国内全市場)
お客様にマツダ車を購入頂いた後から、お客様との長いお付き合いが始まります。ますます長期化する保有期間において、安心・安全でワクワクする所有体験を通じ、“マツダにしてよかった”“次も絶対マツダにするよ”と言っていただける、真のロイヤルカスタマーの拡大を目指しています。

業務内容

【販売/マーケティング領域】

グローバル市場において、お客様接点でのマツダサービスの提供価値の最大化を図るとともに、お客様のカーライフをサポートするサービス商品のマーケティング販売戦略の企画推進を行っています。

【開発領域】

クルマの魅力をより高め、お客様のカーライフがより快適に、安全に、便利に感じていただける用品/部品の企画、開発を行っています。

【サービスエンジニアリング領域】

<メンテナンス>
クルマの開発段階から開発と協働で、販売店においてメンテナスし易いクルマづくりを行っています。また、メンテナンスの際に使用するツールの企画、開発も行っています。
<能力開発>
販売店の整備技術力、並びに接客応対力向上のためのトレーニングプログラムの企画、開発と研修を実施しています。
<品質改善>
開発、並びに品質本部と協働して市場で起こった品質問題の迅速解決を行うと共に、生産車両の品質改善に結びつけています

この職種の社員紹介

カスタマーサービス

カスタマーサービス

緒方 悟志

2004年入社
経済学部

詳細へ

 

広報

業務領域

広報では、さまざまコミュニケーション活動を通じて社内外に“マツダファン”を増やし、マツダのブランド価値を高めることを目的に、グローバルおよび日本国内における広報戦略を立案・推進・実行しています。主に、新聞やテレビ、雑誌等のマスメディアや、社内報、ソーシャルメディア等の「媒体(メディア)」を通じて、お客様だけでなく、株主やお取引先、さらには社員やその家族等、ステークホルダ-の皆様にマツダに関する情報を正しく伝える機会をクリエイトすることに日々取り組んでいます。

業務内容

【グローバル広報企画】

マツダの事業計画や海外拠点の設立等の会社経営および新型車や新技術、デザイン等の商品に関する広報戦略を立案し、ニュースを収集・加工・発信するとともに、国内外のメディアやジャーナリスト向けの試乗会や世界の主要モーターショー等のメディア向け情報発信を企画・実施しています。また、社内報の企画・編集・発行や、Facebook、Twitter等の公式ソーシャルメディアおよびメディア向けウェブサイトの企画・運用・情報発信等も行っています。

【国内広報】

主に国内のメディアやジャーナリストに対して、新型車に関するニュースを発信し、マツダへの理解を促進するための試乗会や説明会等を企画・実施しています。また、決算発表や新型車の発表等の記者会見を企画・運営したり、報道状況を把握・分析し、社内関係部門へフィードバックしたりしています。

この職種の社員紹介

広報

広報

新田 梢

2006年入社
交通経済学専攻

詳細へ

 

企業法務・総務

業務領域

マツダが社会やステークホルダーとともに持続的に成長・発展していくため、健全で透明性の高い経営の実現のための諸活動に取り組んでいます。また、マツダおよびマツダグループの様々な事業活動を法的観点からコントロール・サポートしています。加えて、地域社会、官公庁、各団体との協力関係の維持・向上を図るとともに、全社の円滑な業務遂行をサポートすることで、ブランド価値の向上とコーポレートビジョンの実現を目指しています。

業務内容

【企業法務】

●経営の透明性を確保するための施策推進
株主総会や取締役会をはじめとしたコーポレートガバナンスに係る業務を企画・推進するとともに、リスクマネジメントやコンプライアンスの推進等企業活動の信頼性を確保するための活動を行っています。
●法的観点からのコントロール・サポート
会社の重要なプロジェクトにおいて法務面からの提言や支援を行い、その推進に努めています。経営陣や社内関係部門に対し、対応策についての法的リスク評価、法務意見等を提供するとともに、契約書の立案・審査および契約交渉の支援を行います。また、国内外の訴訟・紛争の処理、社内の遵法意識を高めるための各種啓発活動も行います。

【総務】

●総務企画
関係官公庁・団体等との様々な折衝を行い、来訪されるお客様の応対や工場見学の対応等、会社の「顔」として重要な役割を担っています。また、地域社会との良好な関係を維持・継続するための活動や重要な会社行事の主催、全社の業務をスムーズに行うための様々なサポートを行っています。
●会社資産の活用・管理
マツダが所有する土地建物等の資産の管理と有効活用、快適かつ効率的なオフィス環境確保のための諸施策の推進、資産への火災保険等の付保、土地建物等に関する地方税等の申告納付等の業務を行っています。
※上記の他に、警備・入退場管理等保安にかかる業務、個人情報や機密情報管理の全社総括、国内関係会社の活動の支援も担当しています。

この職種の社員紹介

総務・法務

総務・法務

石川 真理

2004年入社
私法学専攻

詳細へ

 

生産管理・物流

業務領域

車両・用品の生産から販売に至るあらゆる物流を一元的に統合管理し、生産・物流・販売をトータルで見て最も効率的に市場に商品を供給することおよび、構築した物流ネットワークにより経営戦略の新規展開を可能にすることを目指しています。

業務内容

【ロジスティクス】

開発・生産技術・購買・生産・営業というクルマ造りの最初の工程からお客様にお届けする最後の工程までの“モノ”と“情報”の流れを一貫して扱い、全体最適を追求しています。

【サプライチェーン・マネジメント】

ITを活用し、サプライヤー(マツダ・部品メーカー)からお客様に供給するまでのビジネスプロセスの構築に取り組んでいます。

【グローバルネットワーク】

私たちは、全世界のビジネスパートナーと共に仕事をしています。ヨーロッパ、北米、アジア等活躍の場は、まさにグローバルです。

 


 

人事労務

業務領域

マツダを成長へとリードする人材を確保し、その能力の更なる育成と開発を進めるとともに、その人材の活用基盤や、健全で創造的な価値を生み出す風土・環境を整えて、どの企業よりも一人ひとりがイキイキと働く会社の実現を目指します。全ての業務内容は、マツダグループ全体を総合的に強化する為、国内だけでなく海外拠点と連携しながらグローバルに展開しています。また、さらに各社・各部門におけるビジネス遂行上の人的課題に対して採用、育成、異動/活用等を最適に行うビジネスパートナーとしての取り組みも行っています。

業務内容

【採用、評価処遇・要員活用】

マツダの事業推進に適切な人材確保を目指し、広報企画・選考等の採用計画の立案・実行を行い、人材確保という面から、各領域・部門ビジネスのサポートを推進します。また2003年度導入の人事制度「とびうお」を中心とした「選択と自己実現」「ワークライフバランスの促進」「人・仕事・処遇の最適なマッチング」のコンセプトに基づき、社員一人ひとりがマツダで最大限に力を発揮できるよう、個人の成長と活躍を支援します。マツダで働く人の能力を最大限に引き出すため人事制度(活用、異動、評価や昇進等)を企画・立案して運用します。

【労働条件・労務管理】

適正な労働環境の維持・改善を行います。社内外の労働情報を収集・分析し、労働条件や就業規則の企画・立案を行うほか、労働組合との交渉・協議や、官公庁・諸団体との渉外を通じて、雇用・労働について全社的見地から取り組みます。

【社員サービス・福利厚生】

給与計算・海外駐在者サポート、福利厚生制度の立案・運営等、イキイキと働ける環境づくりを通じて、社員の就労をサポートします。2002年にはマツダで働く女性のニーズを実現し、事業所内保育園「わくわくキッズ園」を設置しました。また、働く上での社員からの相談にも対応し、快適な就業環境確保に努めています。

【教育・研修】

マツダでは、社員一人ひとりの選択と自己実現をかなえる為に、充実した教育・研修プログラムを企画・運営しています。今、マツダが社員一人ひとりに期待する能力を明確にし、その育成のためのプログラムを、役員から社員の全てのマツダ社員を対象に展開しています。

【安全健康防災推進】

安全かつ衛生的な労働環境の確立と、労働災害の予防/対策により従業員の安全を守り、労働環境の維持・向上に努めます。また、保健師による健康改善プログラム等を通して、社員の健康を維持・増進することも大切な役割です。


 

関連リンク

  • ビジョン
  • シニアエンジニアインタビュー
  • 社員紹介