事務・技術系キャリア採用情報

職種紹介 車両開発

ハーネス領域に関わるエンジニア全員が誇りを持って“走る歓び”に取り組んでいる。

PROFILE

村上 友和

車両開発本部 電子開発部
ハーネスシステム開発グループ
2012年入社

前職:
自動車関連メーカーでハーネス設計


エンジニアがプライドを感じられる環境。

ハーネスはクルマにとって血管や神経にあたるもの。ボディやシャシー、エンジンなど車両のあらゆる部分と関わりを持つのはハーネスぐらいです。私はこのハーネスの設計に誇りを持っています。そんな私がマツダに転職したのは、完成車メーカーのエンジニアとして技術を奮いたい、と考えたからです。 入社して感じたのは「マツダではエンジニアがみんな、プライドを持って仕事している」ということ。そのプライドが最も発揮されるのは、デザインレビューの時です。一台のハーネス設計は、いくつかのグループに分かれて進められます。各グループの設計が一定の段階まで来ると、ハーネス部門のエンジニア全員の前でどう設計をしているか、プレゼンを行います。このレビューで、驚くほど活発に意見が飛び交うんです。

ベテランと新人が、互いに知恵や思いをぶつけ合う。

以前の会社では、自分の設計に別の領域を担当するエンジニアが口を出すことは、ほとんどありませんでした。でもマツダは違います。新人もベテランも関係なく、互いの考えをぶつけ合うんです。どんな発想で設計すればよいか、というベテランの知恵を聞くことが、新人にとっては技術を学ぶ良い機会にもなっています。マツダのクルマがどれも個性的なのは、みんながこういう風にこだわりを持っているからでしょう。
現在、私が担当するのは、デミオのエンジンルーム内の配索です。小型車なので、エンジンとボディに挟まれた空間が大きくありません。しかし小型車だからといって、ハーネスの質は落とせません。限られたスペース内にハーネスを配置するのは容易ではありません。空きはこれで十分なのか、電流値は問題ないのか、など、様々な面に目を配りながら工夫しています。

ハーネスを重くし過ぎると、軽快な走りが損なわれる。

最も重視しているのが「どうすれば“走る歓び”につながるか?」ということ。ハーネス設計において“走る歓び”と関連が深いのは「質量」です。ハーネスをいたずらに重くすると、走りの軽快性を損ねる要因になりかねません。一方、軽くし過ぎるとハーネスの性能を落としてしまいます。性能は維持あるいは向上させつつ、質量は軽くする。そんなハーネスを実現するにはどうすれば良いのか。私だけでなく、ハーネスに関わるエンジニア全員が、“走る歓び”を大事にしながら設計にあたっているというのは、マツダならではだなあ…とつくづく感じます。
マツダに転職することで、私はハーネスに関わるエンジニアとしての本当の面白さを発見した気がします。もっと多くの体験を積み、スキルをアップさせたいですね。

その他の職種を見る

パワートレイン開発本部 パワートレイン技術開発部
三角春樹

車体技術部 第1車体技術グループ
折居利昭

デザイン本部 アドバンスデザイングループ
中村淳子