マツダラグビー部

マツダラグビー部について

マツダラグビー部は1963年に創部、今年で53年の歴史を持つトップキュウシュウAリ ーグに所属する社会人チームです。1972年から始まった西日本社会人リーグ(現・トップ キュウシュウリーグ)に初期から参加し、10回以上の優勝回数を誇るとともに、社会貢献 活動や地域のラグビー普及などに努めてきました。マツダブルーズーマーズ(コーポレー トカラーの「青(BLUE)」と、ブランドエッセンス「ZOOM-ZOOM」を組み合わせた造語) を愛称に、国内ラグビー最高峰の「トップリーグ」昇格を目指し、日々鍛錬を重ねています。

部の紹介

    


ごあいさつ

    

平素よりマツダラグビー部の活動に対するご支援、ご声援をいただき、誠にありがとうございます。
マツダラグビー部(マツダブルーズーマーズ)は、社内外の方々に愛され、多くの感動と興奮を与え続けられるチームになることを目指し、日々の練習や試合、社会貢献活動など、幅広い分野でチーム活動に邁進しています。

今シーズンは新人選手5名をメンバーに加え、昨シーズン以上の戦績と、更なる上位クラスへの進出を目指し、日夜チーム力の強化に努めています。
昨年のラグビーワールドカップで日本が歴史的な勝利を残したことは記憶に新しいと思いますが、2019年の自国開催に向け、我がラグビー部としても、このラグビーブームを広島から盛り上げていく所存です。

今年も我々を応援して下さる全ての方々と最高の感動と興奮を共有し、特別な絆を結ぶシーズンにすべく、活動を進めて参りますので、ぜひ試合会場へお越しいただき、選手の気持ちの入った戦いをご観戦ください。

日頃ご支援いただいている皆様へ感謝の気持ちを大切に、部員一同、精進を重ねて参りますので、今後ともマツダブルーズーマーズへの変わらぬご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

部長 圓山 雅俊
画像:圓山雅俊部長

    

    

日頃よりマツダラグビー部マツダブルーズーマーズ(MBZ)を応援いただき、誠にありがとうございます。

我々MBZは、国内最高峰リーグであるトップリーグ昇格に向け、選手・スタッフ全員が一丸となった「本気」の活動を展開しております。

今シーズンのMBZは、『TOUGH(タフ)』をチームスローガンに掲げ、いかなる場面においても「妥協」を許さず「言い訳」をしない強靭なチームを目指しています。
そして、新たにMBZの一員となった5名の有望な新人選手と共に、鍛え上げられた『TOUGH』な「心・技・体」で目標であるトップキュウシュウリーグ優勝、トップチャレンジ1進出を達成していく所存でございます。ひとまわり逞しくなった選手たちが、わくわくドキドキする「Zoom-Zoom」なプレーで皆様に元気と感動をお届けしますので、是非グランドに足を運んでいただき、熱いご声援をよろしくお願い致します。

我々MBZは、応援していただいている皆様と共に、今後とも成長し続けて参ります。『GO!WITH!』

監督 坂本 秀彰

坂本 秀彰監督