マツダ陸上競技部

過去戦績・大会写真

中国実業団対抗駅伝競走大会

    

中国実業団対抗駅伝競走大会

元旦に行われる全日本実業団駅伝の予選となるこの大会は、世羅台地を舞台に中国ブロックの精鋭たちがしのぎを削る。全国大会の出場権をかけた、エキサイティングなレースが期待される。(上位5チームが全国大会へ出場)

【通算戦績】

出場回数 53回
優勝回数 8回(1962~65年、1970~72年、2015年)
準優勝回数 11回(1966年ほか)
最高記録 4時間5分48秒(2015年;現コース記録)

    

戦績(直近5年)

※カメラアイコンをクリックすると、大会写真が閲覧できます。(但し、スマートフォン・タブレットからは表示できません)

開催日 順位 タイム メンバー 写真
2015年11月15日 優勝 4時間5分48秒

①大須田 ②圓井 ③山本
④延藤 ⑤田中 ⑥住本 ⑦富永


画像:カメラアイコン

2014年11月16日 準優勝 4時間7分35秒 ①延藤 ②アッバイネ ③大須田
④藤原 ⑤田中 ⑥住本 ⑦松岡
 
2013年11月17日 準優勝 4時間7分14秒 ①大須田 ②アッバイネ ③住本
④富永 ⑤松岡 ⑥山本 ⑦圓井
 
2012年11月18日 準優勝 4時間11分58秒 ①圓井 ②アセファ ③住本
④藤原 ⑤山本 ⑥松岡 ⑦太田
 
2011年11月13日

第3位

4時間15分36秒

①岩本 ②カリウキ ③圓井
④住本 ⑤松岡 ⑥太田 ⑦奥村

 

        

        

    

全日本実業団対抗駅伝競走大会(ニューイヤー駅伝2016)

    

全日本実業団対抗駅伝競走大会(ニューイヤー駅伝2016)

全国のトップレベルの選手が集う国内で最高峰の駅伝大会。序盤はめまぐるしく順位が入れ替り、後半は選手が上州の空っ風(赤城おろし)にどう対処するかも見所。

【通算戦績】

出場回数 51回
優勝回数 2回(1969年、1971年)
準優勝回数 1回(1972年ほか)
最高記録 4時間56分47秒(2012年;現コース記録)

    

戦績(直近5年)

※カメラアイコンをクリックすると、大会写真が閲覧できます。(但し、スマートフォン・タブレットからは表示できません)

開催日 順位 タイム メンバー 写真
2016年1月1日 第16位

4時間59分11秒

①山本 ②テレッサ ③大須田
④圓井 ⑤住本 ⑥松岡 ⑦田中


画像:カメラアイコン

2015年1月1日 第17位 5時間1分48秒 ①延藤 ②アッバイネ ③住本
④大須田 ⑤松岡 ⑥山本 ⑦田中
 
2014年1月1日 第29位 5時間6分35秒 ①松岡 ②アッバイネ ③住本
④山本 ⑤圓井 ⑥富永 ⑦藤原
 
2013年1月1日 第24位 5時間0分20秒 ①松岡 ②岩本 ③圓井
④山本 ⑤住本 ⑥富永 ⑦太田
 
2012年1月1日 第15位

4時間56分47秒

①松岡 ②カリウキ ③岩本
④圓井 ⑤太田 ⑥増田 ⑦住本

 

        

        

    

中国山口駅伝競走大会

    

中国山口駅伝競走大会

実業団・大学・高校・郡市の約50の有力チームが出場する伝統ある大会で、シーズン最後を締めくくる駅伝。激しいアップダウンが続き、上位入賞にはかなりの実力が要求される。

【通算戦績】

出場回数 20回
優勝回数 3回(2010年、2012年、2014年)
準優勝回数 3回(2004年、2011年、2016年)
最高記録 4時間8分54秒(2014年)

    

戦績(直近5年)

※カメラアイコンをクリックすると、大会写真が閲覧できます。(但し、スマートフォン・タブレットからは表示できません)

開催日 順位 タイム メンバー 写真
2016年1月31日

準優勝

4時間9分24秒

①田中 ②圓井 ③テレッサ
④松岡 ⑤延藤 ⑥住本 ⑦大須田


画像:カメラアイコン

2015年1月25日 第3位 4時間15分14秒 ①大須田 ②田中 ③アッバイネ
④住本 ⑤藤原 ⑥松岡 ⑦富永
 
2014年1月26日 優勝 4時間8分54秒 ①圓井 ②岩本 ③アッバイネ
④松岡 ⑤大須田 ⑥住本 ⑦山本
 
2013年1月27日 第3位 4時間9分7秒 ①松岡 ②岩本 ③山本
④住本 ⑤富永 ⑥太田 ⑦圓井
 
2012年1月29日

優勝

4時間11分49秒

①松岡 ②住本 ③岩本
④太田 ⑤富永 ⑥奥村 ⑦圓井