沿革

沿革(1920年~1979年)

1970年~

会社の歩み クルマ・技術の歩み

1979年11月

・フォードと資本提携
 

6月

・自動車生産累計1,000万台達成
 

2月

・対米輸出累計100万台達成
 

1月

・社章変更
 
 

1978年10月

・「カペラ」フルモデルチェンジ
 

3月

・「サバンナRX-7」新発売

「クルマを運転する楽しみの追求」を基本テーマに開発され、12A型2ローターロータリーエンジン(130馬力)をフロントミッドに搭載し、優れた操縦安定性を実現。ヘッドライトは空気抵抗を減らすため、当時国産車唯一の格納式を採用。外板色は5色用意していた。インパネはT型ダッシュパネルを採用し、視認性のよい大型3連メーターを配し、シートはバケットシートを採用した。
定員4名、全長×全幅×全高(mm):4285×1675×1260、最小回転半径4.8m、0-400m加速15.8秒(5MT車)、最高速度180km/h販売価格はカスタム123万円、スーパーカスタム137万円、GT144万円、リミテッド169万円(AT車は4万円高)。

1978年1月

・ロータリーエンジン車生産累計100万台達成
 

1977年12月

・松田耕平会長、山崎芳樹社長就任
 
 

1977年10月

・「ルーチェレガート」新発売
 

1月

・「ファミリア」フルモデルチェンジ
 

1975年10月

・「コスモ」新発売
 

4月

・「ロードペーサー」新発売

1975年1月

・タイで現地組立を開始
 

1974年5月

・三次ディーゼルエンジン工場完成
 
 

1974年2月

・「カペラ」フルモデルチェンジ

1月

・フィリピンで現地組立を開始
 

1973年10月

・輸出累計100万台達成

1973年10月

・「ファミリア」フルモデルチェンジ

3月

・西ドイツに販売会社を設立
 

1972年12月

・自動車生産累計500万台達成
 

10月

・マツダトレーニングセンター鯛尾完成
 
 

1972年7月

・「シャンテ」新発売
 

4月

・「パークウエイ」新発売

1971年12月

・フォードへ「クーリエ」(プロシード)供給開始
 
 

1971年9月

・「サバンナ」新発売
 

8月

・「タイタン」新発売

2月

・マツダモーターオブアメリカ(MMA)設立
・インドネシアで現地組立を開始
 

1970年11月

・松田耕平社長就任
 
 

1970年5月

・「カペラ」新発売

ファミリアとルーチェの間を埋めるスポーティサルーンとして開発され、2ドアクーペと4ドアセダンが発売された。エンジンは、12A型2ローターロータリー(120馬力)と1600ccレシプロ(100馬力)の2つが設定され、人々から「風のカペラ」として親しまれた。カペラ・ロータリークーペは最高速190km/hをマークした。同年10月に、1500cc(92馬力)が追加された。71年1月にはロータリー初のAT(REマチック)も登場し、72年2月に、クーペGSを送り込む。車高を40mm下げスポーティ度を高めたこのモデルは、サーキットでもスカイラインGT-Rと熾烈なバトルを繰り広げた。

4月

・対米輸出開始
 

3月

・「ファミリア」シリーズ生産累計100万台達成
 

1960年~

会社の歩み クルマ・技術の歩み

1969年10月

・フォード、日産、マツダの3社でJATCO(日本自動変速機)の設立合意

1969年10月

・「ルーチェロータリークーペ」追加

4月

・ロータリーエンジン車本格輸出開始
 

1968年9月

・マレーシアで乗用車現地組立開始
 

7月

・カナダに販売会社を設立

1968年7月

・「ファミリアロータリークーペ」追加
 

1967年11月

・「ファミリア」フルモデルチェンジ
 

5月

・初のロータリーエンジン搭載車、「コスモスポーツ」新発売

コスモスポーツ(2人乗り、148万円)には、新開発の491cc×2・2ローター110馬力のロータリーエンジンが搭載され、最高速度185km/h、 0-400m加速16.3秒という性能を発揮した。翌年、更に128馬力にパワーアップされ、最高速度は200km/h、0-400m加速は15.8秒を達成、販売価格は158万円だった。

1967年4月

・オーストラリアに販売会社を設立
 

3月

・欧州向け本格輸出開始
 

1966年11月

・宇品乗用車専用工場完成
 
 

1966年8月

・「ルーチェ」新発売
 

5月

・「ボンゴ」新発売
 

1965年10月

・「プロシード」新発売
 

6月

・「クラフト」新発売

1965年5月

・三次自動車試験場完成

5月

・「ライトバス」新発売
 

1月

・英国パーキンス社とディーゼルエンジンに関し技術提携
 

1964年4月

・「ファミリアワゴン」新発売
 

1月

・2トン積みトラック「E2000」新発売
 

1963年10月

・「ファミリアバン」新発売

1963年6月

・南アフリカで現地組立開始
 

3月

・自動車生産累計100万台達成
 
 

1962年2月

・軽乗用車「キャロル」新発売

1962年1月

・韓国で現地組立開始
 
 

1961年8月

・小型4輪トラック「B1500」新発売
 

7月

・独NSU社、バンケル社とロータリーエンジンに関し技術提携
 

1960年5月

・軽乗用車「R360クーペ」新発売

356cc空冷2気筒OHV(16馬力)エンジン搭載、4人乗り軽乗用車。徹底的な軽量化で、燃費も32km/lを実現。AT車も設定された。12月には月販4090台を記録した。販売価格は30万円で、車はもうサラリーマンの高嶺の花ではなくなった。

1950年~

会社の歩み クルマ・技術の歩み

1959年7月

・「m」を図案化した新マークを採用
 
 

1958年4月

・小型4輪トラック「ロンパー」新発売

1957年1月

・自動車生産累計20万台達成
 
 

1954年10月

・3輪トラック全車種モデルチェンジ
 

1952年10月

・3輪トラックCTL1、広島~東京ノンストップ走破

1951年12月

・松田重次郎会長 松田恒次社長就任
 
 

1950年6月

・小型4輪トラックCA型発売

1940年~

会社の歩み クルマ・技術の歩み

1949年8月

・3輪トラック輸出再開(インド)
 

1945年8月

・(広島に原子爆弾投下)
・(第二次世界大戦終戦)
・建物の一部を広島県に貸与、県庁の全機構が当社に移される
(~'46年7月)
 
 

1940年

・小型乗用車の試作完成

1930年~

会社の歩み クルマ・技術の歩み

1938年1月

・「軍需工業動員法」により陸海軍共同管理工場
 

1936年4月

・3輪トラックで鹿児島―東京間をキャラバン宣伝

マツダ号KC36型4台とマツダ号DC型1台で、鹿児島から東京までの約2,700kmを、25日間かけて走破した。このキャラバン宣伝は当時の3輪トラック業界初の試みで、その後の3輪トラックキャラバン・ブームのきっかけとなった。
 

1935年10月

・さく岩機の生産開始
 

1932年

・大連、奉天、青島へ3輪トラック初輸出
 
 

1931年10月

・3輪トラックの生産開始

1930年9月

・広島県安芸郡府中町に新工場建設

当時の府中町は塩田であった。ここを整地し、工場を建設した。
 

1920年~

会社の歩み クルマ・技術の歩み

1929年4月

・工作機械の製作開始
 

1927年9月

・東洋工業株式会社に改称
 

1921年3月

・松田重次郎社長就任
 

1920年1月

・東洋コルク工業株式会社として創立
 

このページを見たあなたへのおすすめ

  • ブランドストーリー
  • ロータリーエンジン開発物語
  • マツダミュージアム